イギリス の合意なき離脱(ハードブレクジット)の可能性が高まる・・・?

Fxをやる人間にとっては、非常に関心の高いイギリスのEU離脱問題ですが、10月までの間に大きく動きそうです。

現イギリス首相である、ジョンソン氏は、EU離脱問題をめぐり、いくつかのシナリオがあります。

それについて、説明します。

(1)ジョンソン首相が総選挙を決行:

ジョンソン首相は、EU離脱を強行するために、再度総選挙を実施し、国民の意見を聞くという行動に出る可能性があります。

もし、これでジョンソン氏率いる保守党が勝てば、そのままEU離脱がすんなり進みますが、そうでなければまた混迷状態になりますね。

何れにせよ、総選挙を実施するのであれば、ブレクジットの期限前の10月半ばから下旬に決行されるでしょう。

(2)不信任案成立:

野党である労働党が、ジョンソン首相の強行についていけないとして、内閣不信任案を提出する可能性があります。

これは、下院で過半数の議員が内閣不信任案に賛成すれば、決行されます。ただ、不信任案が提出されれば、再度組閣(内閣作り直し)が実施されるでしょうが、信任されず総選挙という流れでしょうね。

そして、ここにきて、まさかの造反議員がイギリスでは続出し、

イギリス与党(保守党)は、下院の議員数で過半数を失いました・・・。
そのため、不信任案提出の準備はいつでもできる状態となっています。

面白くなってきましたね。

そもそもなぜそんなに離脱したい??

そもそもなぜ、そんなに離脱したいのか?それは、イギリス国内でも意見は分かれています。だからこそ、2016年6月23日に行われた国民投票の結果が、以下の通りの結果となったわけです。

残留:48.1%
離脱:51.6%

残留派の意見は想像通り、イギリスだけではやっていけないし、グローバル社会を考えれば、離脱は難しいのではないかという事です。

ただ、実はこの離脱派の中にも、いくつかの意見があります。

ここを本当に議会が理解し、離脱を強行しようとしているのか、個人的には疑問です。

離脱派の中には、「大英帝国の復権」という意見ももちろんあります。大英帝国とは、19世紀後半から20世紀の前半において、地球上の土地の1/6を支配した一大帝国です。

この過去の栄光を再びという思いもあるようです。

しかし、多いのは、「移民問題」です。

EUに属する事で、「人・モノ・カネ」が自由に行き来できるようになったため、移民を多く受け入れてきました。

この結果、以下のような問題が出ています。

・イギリス国民の労働が奪われる。
・公共サービスへの移民の寄生。
・治安の悪化。

この移民問題を解決するための手立てとして、「EU離脱」が掲げられているわけです。

結果として、国民投票では、移民問題の解決策が、EU離脱しか掲げられていないので、離脱賛成派が反対派を上回ったというわけです。

最後に

イギリスのEU離脱も大詰めを迎えてきましたね。

イギリスポンドは、これらのニュースから、10円(1,000pips)程度下げてきています。

もし、ジョンソン氏が、総選挙を実施せず、EU離脱を強行すれば、さらなる下げが来ますし、下院が造反議員をさらに募り、不信任案を提出すれば、値を戻してくるでしょう。

だからこそ、これらのニュースには目が離せませんし、大英帝国の栄光にすがり過ぎだという意見の人もいますが、理由はそれだけではないということが分かると興味深いですね。

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

Fx手法説明資料のプレゼント中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

3 件のコメント