とうとう韓国経済が11月に危機を迎えるか?土俵際いっぱい・・・

韓国経済が危機的状況である事は、以前から私の記事でも警笛を鳴らしてきましたが、まさに土俵際となっている事がわかりました。

その事について、分析します。

韓国経済が予想よりも大幅減

韓国のトップ企業の7~9月期の業績が軒並市場予想を裏切る大不振となりました。

韓国の金融情報会社FNガイドの統計によると、7~9が月の業績を発表した企業39社のうち15社が予想を下回りました。

特に現代(ヒュンダイ)自動車の営業利益は、市場予想の29%も下回る結果でした。

その他にも、LG商事、サムスン物産、NH投資証券の営業利益も、10~20%下回る結果です。

韓国内の報道各社も厳しい現実を伝え、以下のように報道しています。

朝鮮日報「予想外の業績悪化」
韓国経済新聞「業績屈辱」

ここから分かる通り、韓国経済は、専門家の予想以上に冷え込んでいる事がわかります。

韓国マクロ経済の専門家たちも危機を予想・・・

韓国のマクロ経済の専門家に30人に対して、韓国経済誌が緊急調査を行なった結果、専門家の半数が、以下の通り回答していました。

1年以内にリーマン・ショック級の大型危機が起こるかもしれない。

この中の回答状況は以下の通りです。

50%:「早ければ今年下期、遅くとも来年に危機が来る。」
50%:「危機は来ない。」
全員:「韓国経済が低迷している。」

今年中から来年には、危機が来ると予想している専門家は半々のようですが、全員が韓国経済が低迷していると感じている事がわかりますね。

また、

さいごに

韓国の経済を支えているのは、今回業績悪化の発表があった主要企業と半導体事業です。

特に半導体は、韓国GDPの37%の輸出産業のうち20%を半導体事業で支えています。

しかし、半導体を製作するために必要なフッ化水素の輸入は、GSOMIA破棄や、ホワイト国からの除外が影響し、日本からの輸入が前年同月比で99.4%減となっています。

そして、GSOMIA破棄の期限となる11月23日あたりに、フッ化水素の在庫が切れるため、半導体が製作できない状況になりつつあります。

もちろん、日本以外からの輸入に頼れば良いのですが、もともとホワイト国除外の理由が、北朝鮮への密輸が影響しているので、他国からの輸入もそんな簡単にいかないようです。

従い、GSOMIAが破棄された場合、韓国企業の業績は、さらに落ち込む可能性が大きく、このGSOMIAの動きには、要注意が必要です。

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

Fx手法説明資料のプレゼント中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2 件のコメント

  • コメントを残す