ビットコインが格上げ決定|仮想通貨が0.001円になることはない

⚠注目⚠

自動売買情報

経済の裏話公開中

↓↓↓詳しくはコチラ↓↓↓

友だち追加

2020年に入り、好調な仮想通貨市場ですが、特にビットコインの伸びは期待が大きいです。

その事がわかる内容を紹介します

ビットコインの格上げ決定

米格付け会社のウェイス・レーティングはビットコインの仮想通貨格付けを「A(エクセレント)」に格上げしたことを明らかにしました。

2019年9月の発表時は、ビットコインは、格付け「C(普通)」でしたので、大きく格上げとなっています。

この格付けには以下4つの指標があります。

✔︎ リスク(Risk Index)
✔︎ リワード(Reward Index)
✔︎ テクノロジー(Technology Index)
✔︎ ファンダメンタル(Fundamental Index)

詳細は以下の通りです。

リスク (Risk Index)

以下の項目を調査し、算出します。

  • 複数の時間枠における相対的/絶対的な価格変動
  • 最高値から最低への低下の頻度とスケールの検証
  • 市場の動向、バイアス、およびその他の要因

リワード (Reward Index)

以下の項目などで利益の要因を評価します。

  • 移動平均との比較
  • ベンチマークと比較した絶対収益

テクノロジー (Technology Index)

以下の項目を手動分析によって計算・集計します。

  • 公開されているホワイトペーパー
  • パブリックディスカッションフォーラムまたは発表
  • 各コインの基盤となるプロトコルのオープンソースコード

また、以下の項目も含まれます。

  • 匿名性のレベル
  • 金融政策の精巧さ
  • ガバナンス能力
  • コードを改善する能力または柔軟性
  • エネルギー効率
  • スケーリングソリューション
  • 他のブロックチェーンとの相互運用性

ファンダメンタル (Fundamental Index)

以下の項目を集計します。

  • 業務処理速度とスケーラビリティ
  • 市場浸透率
  • ネットワーク・セキュリティ
  • ブロック生産の分散化
  • ネットワーク容量
  • 開発者の参加度
  • 社会的認知度

格上げの理由とは?

ウェイス・レーティングは2020年5月にある半減期を価格の押し上げ要因になるとみて重要視していています。

これまでにも過去2回あった半減期の価格推移から「絶対に」上がるなどと強気の予想を示しており、この様な公式情報機関が絶対という表現を使っているため、期待が持てますね。

(しかし、相場において絶対はないので、そこは要注意です。)

ちなみに、半減期というのは、ブロックを作成するマイナーに対する報酬が半減されます。

ブロックを作成するマイナーへの報酬が半減することなどから価格の上昇圧力になると指摘する声が多くあります。

2020年2月9日に1万ドルを回復したビットコインに対してはデジタル資産管理会社モルガン・クリーク・デジタル共同創設者でビットコイン強気派のアンソニー・ポンプリアーノ氏が「2021年末までに10万ドルまで上昇する」など強気の姿勢を示していています。

ちなみに、その他の通貨についてですが、ウェイス社は2019年3月、リップル(XRP)の評価について、「普及率やテクノロジーの組み合わせ」を最も高く評価し、ついでEOS、ビットコインは3位にしていました。

その際の評価では、リップル(XRP)は「A」だったのですが、
2020年2月の発表では「B-」、EOSは「C」まで格下げされています。

一方で中国ではEOSが最も高く評価されています。

2019年12月、中国の工業情報化部傘下のシンクタンク、電子情報産業発展研究院(CCID)が発表した中国仮想通貨ランキングではEOSがトップ。

イーサリアムが2位でトロンが3位につけている。ビットコインは9位で、XRPは18位という結果になっています。

◆◆◆関連記事◆◆◆
⚠注目⚠

友達登録者の中から

Fx手法説明資料のプレゼント中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓

友だち追加

コメントを残す