トランプ政権へ対抗するための武器が徐々に揃ってきているのか・・・?

2019年2月4日からドイツのメルケル首相が、日本を2日間訪問し、安倍首相との会談を実施しています。

そのメインテーマは以下です。

・日本とEUのEPA発行
・G20への課題

このメインテーマの日本とEUのEPA発行というのが、今後世界の大きな変動を起こしてくる可能性があります。

まず、EPA(Economic Partnership Agreement)とは、日本とEUの自由貿易協定の事です。なので、これを結ぶ事で、EUと日本との間の輸出入の関税が、大きく撤廃される事になります。

日本製品だと、94%程度、EUの製品だと99%が撤廃の対象となります。

そうなれば、日本は米国との貿易よりもEUとの貿易がより活発になっていくことが良いに想像できます。

これは、EUにとっても日本にとっても、対アメリカに対して、強い武器ができるという事になります。

トランプ氏が、アメリカファーストを唱えているため、関税の引き上げを試みようとしていますが、そうする事で、アメリカ以外の国の間でより貿易が活発になり、結果として自分(アメリカ)の市場を食いつぶす可能性があるのです。

そのため、EUと日本は、対アメリカへの対策として、この二国間協定を推し進めて行こうとしています。

もちろん、この協定が結ばれれば、さらに対アメリカに対して、USD/JPYは、大金武器ができたという事で、円高方向に動く可能性が大きいです。

もし、記事に共感できたら「いいね」や「シェアー」頂けると幸いです🙇‍♂️

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

Fx手法説明資料のプレゼント中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加