仮想通貨(正式:暗号通貨)の規制をかけたロシアが新通貨を発表!!

仮想通貨(正式:暗号通貨)市場において、国として以下の様な話題を振りまいているロシアですが、

なんと新たな仮想通貨(正式:暗号通貨)をリリースするというニュースが舞い込んできました。

ロシア国内でビットコイン取引禁止
ロシアは大学で暗号通貨教育の導入
マイニング市場へロシアが本格参戦

ロシアとして、法定通貨(例:円、ドル)ではトップを狙うのが難しいため、暗号通貨で世界の覇権を狙っているのかもしれませんね。

Sponsored Link

新暗号通貨「CryptoRuble」を発表!!

ロシアの報道ニュースによると、ロシアのプーチン大統領は、モスクワで開催された会議の中で、ロシア独自の暗号通貨

「CryptoRuble」

を発行することを公式に発表しました。

この一大ニュースはロシアの国務大臣であるNikolay Nikiforov氏経由で、報道陣に発表されました。

このCryptoRubleが、以前ロシアがBRICs首脳会議の中で提案した、BRICsを市場とした暗号通貨にどの様に関わってくるのか?

非常に気になりますね。(詳細:BRICs独自の暗号通貨

Sponsored Link

CryptoRubleの特徴は?

CryptoRubleの特徴として、ロシア当局がこの通貨を発行し、マイニングは実施できない様です。

さらに、基本ロシアの法定通貨である“Ruble”とのみ交換可能の様です。

また、ビットコインと異なり、ロシア当局が発行し、管理、維持していきます。

従い、CryptoRubleで発生した収益に対する税金についても、ロシア当局が管理するとのことです。

ロシアの仮想通貨(暗号通貨)の規制と緩和

ロシアは最初のリンクでも記載した通り、ビットコイン取引について国内では規制をかけようとしています。

その動きとは反して、新しい暗号通貨を発表しています。

やはり、ここから分かる様に、ビットコインを国内から排除し、イーサリアムや新しい暗号通貨(CryptoRuble)を推奨していこうとしているのかもしれません。

Sponsored Link

さいごに

この新しい通貨ですが、もし今後BRICsでも情報公開され、BRICs市場における認定通貨となれば、大きく価値を伸ばす可能性はあります。

また、ロシア国内で政府が推奨し、大きく市場を拡大すれば、それだけでも価値を伸ばす可能性はあります。

しかし、注意しなければいけないのは、もともと、ビットコインが流通した理由というのは、

ユーザのニーズである、「国の管理からの脱却」があったからです。

このニーズからはCryptoRubleは少し外れた通貨であり、その点がどの程度受け入れられるのか、非常に気になりますし、個人的には、受け入れられない様な気もします。

もし流通させるのであれば、ロシアの外交能力や国民への説明能力に大きく左右されそうです。

従い、今後のプーチン大統領や、ロシア当局の動向に大注目ですね。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

Fx手法説明資料のプレゼント中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

コメントを残す