ビットコイン,イーサの相場チャートにも影響か?BRICSが市場に参入!?

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年9月現在において、仮想通貨(正式:暗号通貨)市場は、以下のチャートを見ていただければ分かる通り、日に日に価値を伸ばしています。

もちろん、まだまだ成長中の市場であるため、短期的に見ると価値の急騰、暴落というのはありますが、

それを繰り返しながら、価値が高騰している事が分かります。


出典元:https://coinmarketcap.com/charts/

そんな中、2000年代以降に経済発展を遂げている5カ国の総称であるBRICS(Brazil, Russia, India, China, South Africa)が、独自の仮想通貨(正式:暗号通貨)の製作に対して協議中というニュースが出ていました。

これにより、仮想通貨市場で上位の通貨にも注目が集まり、価値を高騰させる可能性を秘めているかと思います。

Sponsored Link

BRICSが独自の仮想通貨を検討中?!

2017年9月4日に新興5カ国であるブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカが首脳会議を中国福建省アモイで開始しています。

メイントピックは北朝鮮の脅威に関する内容や、互いの外交に関する内容でしょう。

そんな中、以下Twitterの様にBRICS独自の暗号通貨を検討するというニュースがTwitter上で次々と発信されています。

このタイミングから考慮し、おそらくBRICSの中の1つのトピックとして協議されたものの様です。

Sponsored Link

ロシアがBRICS独自の仮装通貨を主導!?

BRICS独自の仮装通貨(正式:暗号通貨)について、誰が主導で話を持ちかけたのか?

という疑問から経緯を調べて見ると、やはりロシアの様です!!

というのも、ロシア直接投資基金(Russia Direct Invest Fund)のトップであるKirill Dmitriev氏は、以下のとおりRIA Novostiのジャーナリストに対して語っています。

BRICS独自の仮想通貨(正式:暗号通貨)を設立することで、3年以内で4倍以上価値を高められるだろう。

また、BRICS首脳会議の中で、新たな決済手段となる可能性について、協議すると考えている。

おそらく、ロシアとしても、ロシアルーブル【ロシア法定通貨単位】に対して、一抹の不安を抱えているため、

対策案の1つとして、この仮想通貨(正式:暗号通貨)を検討していると推測します。

Sponsored Link

さいごに

BRICS首脳会議でいきなり、ロシアの仮想通貨(正式:暗号通貨)市場への本気度が垣間見得ました。

2017年8月31日には、ロシア政府指定の銀行(VEB)が市場第2位のイーサリアムと業務提携の契約締結を完了しました。【ニュース詳細:リンク

それに続く、ビックニュースです。

ただ、他国にとっても、そんな悪い話ではないかもしれません!

BRICSの1つである南アフリカ共和国は、海外送金手数料を低減させるために、ビットコインの使用を国として推奨しています。【ニュース詳細:リンク

さらには、BRICSの他の国々でもすでに、若者を中心に仮想通貨(正式:暗号通貨)が流通していることは、周知の事実です。

上記内容から、市場を明確にし、互いにメリットのある通貨を生成するという意味では、良い提案かもしれません。

もちろん、税金の面などに関しては、まだまだ内容を詰めていく必要があるのは事実でしょう。

また、この話を持ちかけたのは、イーサリアムの開発者であるVitalik氏の出身であるロシアです。

従い、ロシア主導で話が進めば、イーサリアムベースの新しい仮想通貨(正式:暗号通貨)になる可能性もあります。

すると、自ずとイーサリアムの価値も高騰する可能性もあると思います。

そういった意味で、とても興味深いニュースだったと思います。

最後までお付き合頂き、ありがとうございました。

補足:仮想通貨の価値推移に関するニュース


仮想通貨(正式:暗号通貨)の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加
Sponsored Link

コメントを残す