ビットコインの将来性は有望か??ロシアでは大学教育に導入開始!!

2017年9月現在、ビットコインに対する世間の目は、まだまだ怪しいという認識している人も多いのではないでしょうか??

年齢層により、その認識は異なるかもしれませんが、

やはり目の前に実物の通貨がないというのは、少し不安に感じる方も多いかもしれません。

しかし、そんな不安に思っている人がいる一方で、

ヨーロッパでは大学教育の一環として仮想通貨(正式:暗号通貨)とブロックチェーンを取り入れています。(リンク

そんな中、とうとうロシアでも大学教育に取り入れるというニュースが発信されていましたので、ここでは紹介します。

Sponsored Link

ロシアの多くの大学(経済学部)で仮想通貨の教育を開始

ロシア国内では、仮想通貨教育への高い関心があり、多数の大学でビットコインとブロックチェーンの教育を開始することとなりました。

その筆頭として挙げられるのは、モスクワ大学です。

モスクワ大学は、世界的にもよく知られている総合大学で、この大学を中心に多くの大学でビットコインの教育を2017年または2018年から開始します。

他にも、以下のような大学で教育を開始するそうです。

・国立研究大学:
ロシア最大の経済研究センター
・サンクトペテルブルグ国立経済大学:
・モスクワブルチ工科大学:

Sponsored Link

大学教育への導入の意図は??

大学教育というのは、各分野の基礎研究を行っているところです。

従い、昔から共通してある分野もありますが、最近では人工知能に関する学部が多くの大学で新設されています。

要は、大学自体も教育というビジネスを展開しているため、

新しい分野や流行りの分野を取り入れる必要があるという事です。

従い、今ロシアとしては、世界的に流行している仮想通貨に関する基礎研究を進める事で、

第四次産業革命のリーダになろうとしていると考えられます。

実際に、ロシアは、他にも以下のような政策を掲げているため、仮想通貨に対する本気度が伺えるかと思います。

ロシアがマイニング市場へ一石を投じる!!
ロシア政府とイーサリアムが業務提携!!
BRICS市場特有の仮想通貨をロシアが作る??

Sponsored Link

さいごに

仮想通貨(正式:暗号通貨)の技術は、素晴らしい技術があり、特にブロックチェーンの技術は、多種多様な分野に展開されています。

この基礎となる教育を大学に導入することにより、

ロシアは、この分野の先進国となることを目指しているのかもしれません。

過去の産業革命を主導した国というのは、その時代を作ってきた国と言っても過言ではないでしょう。

第一次産業革命: 繊維機械 イギリス
第二次産業革命: 蒸気機関 アメリカ
第三次産業革命: 通信, IT   日、米、欧

そして、現在人工知能や、仮想通貨等による第四次産業革命が起ころうとしており、

これをリードする国は、次の時代の中心になれる可能性を持っています。

従い、ロシアはここに本気で対応しようとしているのではないでしょうか。

ただ、まだまだこの革命は始まろうとしている段階です。

そのため、過去の教訓から我々もしっかり学び、時代に乗り遅れないようにしたいところですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

補足-1:仮想通貨取引を始めたい方

上記の記事から、ビットコインへの投資はもう遅いのではないか??と感じていた方も、

まだまだ遅くないということが分かったのではないでしょうか?

従い、まず口座を作ってみてはいかがでしょうか??

口座を作るのは、無料ですので、気軽に始められます。

ぜひコインチェックから、未来を変えてみましょう!!

↓↓↓↓クリック↓↓↓↓

補足-2:仮想通貨の基礎から学びたい方へ!!

仮想通貨(正式:暗号通貨)の基礎から学びたい方は、ぜひ以下を参照ください。
やはり基礎から学び、知識をつける事で、大きく人生が変わるかもしれません。

↓↓↓↓クリック↓↓↓↓

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

Fx手法説明資料のプレゼント中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

コメントを残す