ビットコインにSegWit適用可能か?スケーラビリティ問題の対策は大丈夫か?

ビットコインのスケーラビリティ問題について、現在とても大きな問題となっています。

実際に、現在未承認トランザクション(取引)は世界中で、約13BTC(390万円)あり、とても多い時期だと、96BTC(2880万円)あった時期もあります。

参考URL:https://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactions

上記で分かる通り、承認されないトランザクションが多ければ、ビットコインの流通に非常に大きく関わってきます。これが、トランザクション問題です。

詳細は、右記リンクを参照ください。(リンク

その対策の第一候補として考えられていた、Segwitですが、なんと適用の雲行きが怪しいか?という英文記事について紹介します。

スケーラビリティ問題対策のSegwitは適用不可??

もともと、SegWitがビットコインのスケーラビリティ問題の対策として、適用されるという話がありましたが、マイニング企業は、2017年2月21日に合意した香港での合意を無視する動きであるとして、SegWitの導入に難色を示しました。

しかし、結果としてDCG(Digital Currency Group)の取りまとめにより、SegWitの適用と、2MBの拡張のためのソフトフォークが適用されるようになりそうです。

これにより、ビットコインとしては、とても良い方向に動きそうですが、ユーザである我々は、一時的なビットコインの価値変動に悩まされるかもしれません。

また、ソフトフォーク(ソフトフォークとは??右記参照【リンク】)が適用されるため、各ノードは新しいルールを適用しなければいけません。

ソフトフォークの場合は、過去のブロックも全てルールが書き換えられます。

ただ、上記に記載した通り各ノードに新ルールを適用する必要があるため、そのルールが適用されていないノードももちろん存在し、旧ルールのノード多い場合は、旧ルールが適用されてしまいます。

そのため、新ルールのノードと旧ルールのノードが混在した場合、ブロックが分かれてしまう可能性があります。

その場合、直近のブロックに関して、ブロックのつながりが弱いもの(短いもの)は不適切なトランザクションとして捨てられる可能性が出てくるので、取引が成立せず、送金したビットコインがどこかに消えてしまう可能性もあります。(ソフトフォークが適用される8/1以降のしばらく)

参考として以下図を参照ください。


転用元: http://btcnews.jp/bkb0bu4c11459/
図:イメージ

従い、ソフトフォークが適用される8/1以降しばらくの間は、送金等の取引はやめたほうが良いでしょう!!

上記図で分かる通り、繰り返しになりますが、ブロックのつながりが弱いもの(短いもの)は取り捨てられる可能性があります!!

おそらく、その辺の問題で初めて見る方々は、びっくりし、一時的にビットコインの価値が下がることも予想されますが、長い目で見れば、今回の取り組みは素晴らしい取り組みなので、またビットコインの価値を上げる対策であると考えます。

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加

SegWitは適用されるのか??

ビットコインのトランザクション問題に関し、Digital Currency Groupは、ビットコインの代表グループとの間で、Segwitを導入することを2017年5月23日に合意したことを発表しました。

この重大な合意の一部は、2MBのハードフォークを6ヶ月後に実行するという提案でした。

(*1)ハードフォーク:右記リンクより、説明が見れます。(リンク

ハードフォークの実行は現在のブロックサイズを2MBに拡張するものでユーザ数が増えることや、日々のトランザウション数も増えるための対策です。

これはBitcoin industryとマイニング企業間の合意の結果であり、これは2017年2月21日に香港で、合意しました。

ただ不運にも、2つ間(57%のビットコインスケール問題に合意した企業と開発者)の衝突が、発生しました。特に中国企業が多いマイニング企業は、ビットコインのコア開発チームがSegwitの運用とリソースを用い適用に全精力を注ぐ事で、香港の合意が無視されたと反発しています。

この2つ衝突を避けるために、DCGはSegWitの適用を諦め、ビットコインのブロックチェーンを拡張する2MBハードフォークの実行に賛成しました。

この2つの衝突の和解には、ブロックチェーンのあり方である合意システムの運用は、Bitoin Core(既存のシステム)に合わせるシステムにするという香港合意に従うものです。

基本的に、2017年のビットコインのスケーリング合意は、マイニング企業の主張である、ブロックチェーンの容量を拡張すること、そしてSegWitを含むBitcoin Coreの開発ソリューションをサポートすると明らかにしました。

Sponsored Link

安全ソリューション

その2つの間の合意はさらなる支援と技術構造を使用したビットコインネットワークの開発そして、コミュニケーションツールが実装されることになります。

この究極のゴールは、創造すること、そしてビットコインの容量にパワーを与え、安全で完璧なソリューションを形成します。

一方で、マイニング企業にSegWitの支援を伝えることで、結果として多くの問題が上がりました。

現にビットコインの取引料金はそれなりの金額にもかかわらず、適切なトランザクション(取引)に影響を与える、ブロックチェーンの問題に苦しめられています。

75%の最適化は、SegWitの適用が予想されます。しかし、それはビットコイン上のスケーラビリティー問題を解決するよう十分な対策ではないかもしれません。

Bitcoin Coreの開発チームとマイニング企業は、さらなるスケーラビリティ問題の対策を計画しなければいけません。

Sponsored Link

UASF vs MASF どちらが優勢??

ブロックサイズと広範囲の特徴で、ビットコインのマイナーはまだSegwitを適用するかどうか決めかねています。まだ検討中という段階です。

25〜40%のマイニング企業は変更に対し、とても興味を示しています。さらに、ビジネスの多くそして一部の開発者は、ソースプログラムの改修に関し前向きです。

ビットコイン問題の継続により、SegWitに変わる対策が、提案されています。それぞれいくつか危険性はありますが、UASF(User Activated Soft Fork)はマイニング企業からの意思決定を引き継ぐために作られました。

またMASF(Miner Activated Soft Fork)も同様です。

MASFの場合、開始することはブロックチェーンの大部分からアップグレードするために変更すること自体は、簡単です。

例えば、マイニング・コミュニティーの大部分をアップグレードする場合、MASFが合図を与え、一気に適用します。

結果として、これは、システムに新しいルールを適用することを許すということになります。最終的に、ブロックチェーンのノードは、最終合意に至ります。なぜなら各経済活動が相互作用し、チェーンの相互作用も証明できるからです。

そして、MASFは有効にするために、ブロックチェーンのノードに実行されます。

ビットコインのスケーラビリティー問題を解決するために、多くの提案がある一方、マイニング企業は、まだ全員に対し、何が最も適切なソリューションか検討している段階です。

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加
Sponsored Link

原文

転用元:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-scaling-which-is-the-most-viable-option
With the continuing issue of scaling Bitcoin’s transaction capacity, the Digital Currency Group decided to step in and announced an agreement on May 23 between a group of Bitcoin representatives to run Segregated Witness (SegWit) operated by the development team of Bitcoin Core.
A crucial part of the agreement is the proposed 2 MB hard fork to be implemented after six months. The implementation of the hard fork is for the expansion of the current block size to 2 MB in order to accommodate the increasing user base and the daily transaction volume. This was the outcome of the agreement between the Bitcoin industry and the mining corporations last February 21 in Hong Kong.
Unfortunately, a conflict has emerged between two parties – the Bitcoin Scaling Agreement companies (57 companies) and developers. Mining communities, particularly the Chinese operated companies, believe that the Bitcoin Core development team focuses all its time and resources on the operation of SegWit, stating that the Hong Kong agreement was ignored.
In order to avoid the conflict, the DCG has decided to give up SegWit activation in favor of the 2 MB hard fork implementation that focuses on the expansion of the capacity of the Bitcoin Blockchain. The recent agreement was in accordance with the Hong Kong agreement which only allows the operation of the consensus system congruent to Bitcoin Core. Basically, the 2017 Bitcoin Scaling Agreement embodies the mining community’s appeal of increasing the on-chain capacity and, in return, they will support Bitcoin Core’s developmental solution which includes SegWit.

Safe solutions for the community

The consensus will further support and develop the Bitcoin network with the use of technical mechanisms and incorporate communication tools. The ultimate goal is to create and establish safe solutions to empower Bitcoin capacity.
On the other hand, with the effort of convincing the mining community to support SegWit, several problems arose as a result. Despite the higher and optimal fees, Bitcoin suffered from serious Blockchain congestion affecting the efficiency of transactions.
75 percent optimization is anticipated in running SegWit but it would not be enough to counter and resolve the various scaling issue in Bitcoin. Both the Bitcoin Core development team and the mining industry still have to plan for the further scaling of Bitcoin.

Sponsored Link

Options: UASF vs MASF

With the larger range of features and block sizes, Bitcoin miners are still undecided on whether to accept SegWit. Several considerations are still along the way. Between 25 to 40 percent of the mining community has shown an interest in change. Furthermore, the majority of businesses and a set of developers are open to a code change.
Due to continuing Bitcoin problems, an alternative way has been proposed for SegWit adoption. Though there are several risks, a User Activated Soft Fork (UASF) was created to take over the decision making from the mining industry, as well as a Miner Activated Soft Fork (MASF).
In the case of a MASF, it would be an easy way to start and implement changes prior to any upgrades from the larger part of the economy. For instance, whenever a major portion of the mining community makes an upgrade, the MASF can give the signaling process.
Consequently, this allows nodes to implement new rules in the system. Lastly, economic nodes can come up with the final agreement because they can interact with economy activity and certify the chain. Surprisingly, even the MASF is implemented by the nodes as it is activated.
While there have been many major proposals on how to solve the Bitcoin scaling problem, the community is yet to see which will bring the most sustainable and acceptable solution for all parties involved.

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加
Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

Fx手法説明資料のプレゼント中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

コメントを残す