仮想通貨とは何か?仮想通貨を分かりやすく解説!

三菱UFJが独自の仮想通貨「MUFGコイン」を2017年度中に発行するという情報が2017/3/31に各種ニュースに流れておりました。それ以外の仮想通貨も2017年にリリースされようとしており、まさに2017年は仮想通貨元年となる可能性が高いです。

ここでは、三菱UFJの新通貨の紹介と、仮想通貨とは何かという事をなるべく分かりやすくを解説したいと思います。

上記以外にも関連記事として色々と記載しておりますので、気になる方はぜひ、以下のURLからクリックしてみてください。

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

仮想通貨とは??分かりやすく解説!

三菱UFJが仮想通貨を発行!!という記事を見ても、まず仮想通貨って何?という方も多いと思います。

私も調べる前はそうでした!

そのため、ここでは、まず仮想通貨とは何なのかという事をなるべく分かりやすく解説したいと思います。
仮想通貨で代表的な通貨とは、皆さんも一度は耳にした事があるかもしれない、

「ビットコイン」です!

ただ、我々のビットコインに関するうっすらした記憶に「マウントゴックスによる詐欺(横領)」という事件があったかと思います。マウントゴックスの事件の真相は、次章で紹介します。

その記憶から、やはり仮想通貨(正式:暗号通貨)は、怪しい!詐欺だ!と考える方も多いのではないでしょうか??

答えは、確かに怪しい仮想通貨は、残念ながら多いです!!

ただ、本来の仮想通貨(正式:暗号通貨)は、非常にクリーンな取引が可能な通貨なのです。

Sponsored Link

その理由は、暗号通貨の根幹を支えている「ブロックチェーン」という技術です。

通常の国際通貨(例:円、ドル等)では、全てのトランザクション(取引)は、第三者機関(例:銀行等)を通し、行われます。

そのため、第三者機関の手数料がここで発生しているわけです。
我々が、購入した物の代金を支払う場合に、銀行振込をすれば、当然振込手数料が発生しますが、これが上記の発生した手数料ですね。

しかし、もしブロックチェーンという技術を使うと、この手数料が発生しなくなります

え??意味わからないという方もいるでしょう。

ブロックチェーンというのは、分散型のコンピュータネットワーク、つまり分散管理を行っているため、中央集権での管理を行っていません。

例えば、私が仮想通貨を1万円持っているという情報を一箇所で管理している訳ではなく、分散したそれぞれの場所で管理されている訳です。

そのため、私が1万円しか持っていないのに、10万持っていると私が言っても、他の人達が「いやいや、1万円しか持っていないだろ!?」とすぐにバレてしまいます。

もちろん、こう言った情報は全て暗号化し取引されているため、私のようなユーザには全くわかりません。さらに、ハッカーが「アイツの有り金を全て0円にしてやろう!」と悪巧みをしても、その人が本来持っているお金の情報は、あらゆるところに点在し、管理されているため、すぐに改ざんされた事が分かるシステムになっています。

もし、改ざんしようとしても、全てのブロックチェーン上に点在している情報を全て修正しなければならないため、不可能でしょう!

素晴らしいシステムだと思いませんか?

このブロックチェーン技術を使う事で、特に第三者機関を使わずに、各個人同士がクリーンにお金のやり取りができるようになっています。

Sponsored Link

 

仮想通貨を使った事件とは??

上記に紹介した様に、仮想通貨は素晴らしい技術を使った最先端の通過にもかかわらず、やはり詐欺が存在します。

詳細は、右記リンク(クリック)を参照してください。
ただ、ここでは皆さんの記憶にあるであろうマウントゴックス事件について一例としてなるべく分かりやすく紹介したいと思います。

仮想通貨の詐欺事例(1) マウントゴックスの事件はなぜ起きたの??

こんなに素晴らしい技術を使っているのに、なんでマウントゴックスのような事件が起きたの??

と疑問に思う方も多いでしょう。私もそうでした。

理解するには、まず、マウントゴックスの事件をしっかり把握する必要があります。

まず、マウントゴックスというのは、マルク・マリ・ロベール・カルプレスというフランス出身の社長が経営するビットコインの取引所です。

イメージとしては、海外旅行に行った時に、我々が円と現地の国際通貨(例:ドル、元、ペソ)を両替する換金所のようなところです。

このマウントゴックスは、その当時ビットコインの最大取引所としても知られていました。

ただ、このマウントゴックスは、ビットコインの取引だけでなく、預金業務もやっており、その預金されたビットコインを社長自ら横領したというのが、事件の真相です。

マウントゴックス社は、預金管理システムに脆弱性があり、その脆弱性を把握している社長自ら横領をしたというのが、事件の真相です。
そのため、ビットコインのブロックチェーンというシステムの脆弱性ではなく、あくまでマウントゴックスという会社自体の問題がこう言った事件を引き起こしています。

ただ、以下のビットコインの価値をみてください。これは、ビットコインの価値の推移を示しています。このマウントゴックス事件が起こった2014年2月に一時的に、価値は下降しますが、現在また価値は上昇しています!

と言う事は、ビットコインを保有している投資家たちは、マウントゴックス社の問題とビットコイン(仮想通貨)の価値の問題は別物であり、今後もビットコインの価値は向上すると言うことを把握し、どんどん購入を勧めており、価値が上がっていることが分かります!

三菱UFJがブロックチェーンを導入!!

仮想通貨(正式:暗号通貨)の事を、色々紹介しましたが、その根幹の技術である「ブロックチェーン」という技術は、とても素晴らしい技術である事が、少しわかったと思います。

もちろん、今まではメガバンクもこう言った通貨に対し、脅威を感じていたのでしょうが、三菱UFJも昨今の厳しい情勢から新しい一手として逆に仮想通貨のブロックチェーンという技術を導入し、新しい通貨(MUFGコイン)を発表したようです。

この狙いは、最近日本にも多く流入してきている外国人労働者向けです。

外国人労働者の多くは、国の家族にお金を多く送金しています。

私と一緒に働いているフィリピン人もそう言った外国人労働者の一人です。

彼らは、自分の日本での生活は二の次で、家族のために、ギリギリの生活をし、家族のために送金をしています。

ただ、国際通貨での送金の場合は、必ず手数料が取られてしまいます。
しかし、この新しい仮想通貨(MUFGコイン)の場合は、手数料がほぼかからないでしょう。

その海外送金市場を三菱UFJは睨み、参入してきたのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

実は、都内や首都圏ではすでに仮想通貨を利用可能な店舗もどんどん増えています!
財布も使わずに、スマホだけで買い物ができる場所がどんどん増えていると言う事です。
こう言った意味でも、ICT技術を使った近未来が、もう始まっています。

さらに、仮想通貨は、しっかり調べれば投機としても、とても有効的です。

実際、ビットコインに関しては、最初の価値は83セント(日本円:93円 2017/4/4時点)程度の価値でしたが、現在は12万円程度の価値まで跳ね上がっています。

たった、10年程度で価値が1290倍にも跳ね上がっています!!

最初に、このことに気づき、先見の目を持った投資した方は、現在、億万長者です。

ただ、詐欺ももちろん多いです。そのため、しっかり調べないといけませんが、調べてれば、とても良い投機になると思います。

MUFGコインもその1つになるかもしれませんね。

最後まで購読ありがとうございました。なるべく分かりやすく解説したつもりですが、もしご意見等あれば、是非よろしくお願いいたします。

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

補足:今すぐ仮想通貨投資を始めたい方へ!!

まだ仮想通貨を保有されていない方は、ぜひ以下リンクから取引所のアカウントを作成することをお勧めします。
アカウント作りは無料ですから、ぜひそこから始めてはいかがでしょうか?

・仮想通貨のアカウント作成 → クリック

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!

友だち追加

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

Fx手法説明資料のプレゼント中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

コメントを残す