仮想通貨ランキング公開!!なんとあのイオス(EOS)がトップ!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

仮想通貨ランキング公開!!
あのイオス(EOS)がトップ!!

2018年6月21日に中国の情報産業発展センター(CCID)が技術能力、アプリケーション性、革新性の3つの要素に分けてそれぞれを採点し、

結果として

仮想通貨のイオス(EOS)が1位に輝いていました。

詳細は、以下を参照ください。

出典元:出展:第ニ弾 国際パブリックチェーン評価ランキング

2018年5月17日のランキングとの違いは??

2018年5月17日に公開されたランキングは以下の通りです。

見ていただければ分かる通り、実はイオスは、全くノーマークでした。

また、16〜28位にも名前がありません。

Sponsored Link

イオスEOSとはどんな通貨なのか??

イオス(EOS)とは、2018年6月現在仮想通貨市場において、

第5位の通貨です。

イオスは、イーサリアム同様にDApps(分散型アプリケーションプラットフォーム)の通貨になります。

従い、イオスのメインブロックチェーン上にEOSトークンを用いて、

多くのゲーム等のデータを保存する事ができるプラットフォーム型の通貨となります。

イオス(EOS)の市場とは??

イオス(EOS)は記載した通り、プラットフォーム型通貨となるため、

一般ユーザ向けのネットゲームやネットを用いたサービスのビジネスを市場とした通貨です。

これは、ADAやETH同様に、EOSのブロックチェーン上にゲームを構築し、

ゲーム内の主要データは、すべてEOSの独自ブロックチェーン内に保存されます。

なので、ゲームやサービスを活用する際に登録した個人情報やその他多くのデータを安全に保存する事が可能になり、

今後サービスやアプリを構築する際に、セキュリティ上、必須条件となってくる可能性のある注目の市場です。

イオス(EOS)の特徴は??

イオス(EOS)のトランザクション速度は、

同じプラットフォーム型のイーサリアムと比較して以下の通りダントツで早いです。

  • BTC: 5~6件/秒
  • ETH: 15件/秒
  • EOS: 100万件/秒

現在イーサリアムは分散型プラットフォームの通貨として大きくシェアーを伸ばしています。

しかし、同時にスケーラビリティの問題も抱えているため、1つのプラットフォーム上で

多くのサービスやアプリを稼働させる事はほぼ不可能でしょう。

そうなった場合、別の通貨、別のプラットフォームと考えるのが普通であり、

その候補としてEOSが挙げられるのは容易に想像ができるでしょう。

Sponsored Link

さいごに

2018年の5月時点では、中国のランキングにEOSが記載されていなかったため、

不思議に思っていましたが、ここに来てまさかの1位。

この影響によりEOSの地名度は一気に上がった可能性が高く、今後高騰する可能性が高いのではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

 

Sponsored Link

1 個のコメント