リップルコインの今後に期待のニュースか!?韓国ウリィ銀行による送金試験完了!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2018年期待が高まるニュースを多く発信しているリップル(XRP)ですが、

とうとう実戦段階のニュースが飛び込んできましたので、紹介します。

Sponsored Link

リップルコインの今後に期待のニュースか!?
韓国ウリィ銀行による送金試験完了!!

韓国のウリィ銀行(Woori Bank)は、リップルネットワーク(xCurrent)を利用した海外送金テストを2017年12月に第一弾を実施し、

2018年1月から第二弾を実施し、試験が無事成功した事が発表されました。

ウリィ銀行の実務部署であるデジタル戦略部は、今回のテストで、リップルネットワークを導入する肯定的な見解を示しており、

実務導入業務は、外国為替関連部門とIT関連部門で推進する予定としています。

そして、導入は早ければ2018年内にリップルネットワークを活用した海外送金が商用化されると考えられています。

Sponsored Link

既存のSWIFTとのガチンコ勝負になる!?

SWIFTとは、国際銀行間通信協会(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)の略で、

世界200カ国以上の国や地域で使用されている

現在の世界で標準的な金融送金フォーマットです。

従い、一般的に、海外送金をする場合は、SWIFT海外送金ネットワークを用いて海外送金をする事が標準(普通)であり、

そのSWIFTのネットワークインフラは、かなり整えられていますが、最短でも1~3営業日の送金日数が必要となります。

その点、リップルも全く同様の市場で勝負しようとしていますが、まだまだSWIFTほどのインフラが整っていないため、

今現在としてリップルネットワークが、SWIFTネットワークに変わることは非常に厳しいでしょう。

しかし、SWIFTネットワークよりも、送金手数料や送金時間において、リップルは非常に優れている点が多いですし、

今回の試験で成功したという事実から今後、送金ネットワークインフラが、さらに拡大していく可能性は高いです。

そして、インフラさえ整えば、SWIFTの送金ネットワークを超える存在にかる可能性はあり、今後非常に期待できるのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

今回の海外送金テストの成功のニュースは、全世界にすぐに広がり、

リップルとして大きく市場を拡大する絶好のチャンスになる可能性が高いです。

従い、今後のリップルの価値高騰にもつながる可能性も秘めており、しっかりと動向をチェックしていきたいですね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

⚠注目⚠

ちなみに、みなさん各取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)で取引手数料が違うという事は知っていますか?

せっかく投資する手数料を無駄に捨てていてはもったいないです。

国内であれば、Zaifという取引所が格別に安いですし、金融庁からの認可も受けています!!

あのCoincheckは金融庁からの認可はおりていません。

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Zaif:    -0.01%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、世界最大の取引所で、安全な海外取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、bitFlyerでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ Zaif 作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

1 個のコメント