リップルの将来性はあるのか?ないのか?2018年夏以降から2019年に高騰する??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

リップルの将来性はあるのか?ないのか?
2018年夏以降から2019年に高騰する??

多くのリップルを保有しているリップラーにとっては、

リップルの今後の価格がどの程度まで高騰するのか?というのは、非常に気になるところの1つではないでしょうか。

そんなリップルについて、Ripple CEOであるBrad Garlinghouse氏がCNBCの動画で、

今後について、以下の通り語っていました。

2018年の年末から世界の大手銀行が間違いなくxRapidを活用していく事になる。

この発言は少し驚きですね。

というのも、クウェートやサウジなどが現在RippleNetに参入し、

xCurrentというリップルの送金ソリューションを活用していますが、

その送金ソリューションではなく、

xRapidを利用する銀行が増えるという事です。

この発言には影響度がありそうですが、この発言の影響度を理解するためには、

xCurrentとxRapidの違いを理解する必要があります。

詳細については、次章を参照ください。

Sponsored Link

xCurrentとxRapidの違いとは?

xCurrentとは?

まず、世界的にも参入銀行や金融機関のニュースが出ているのは、xCurrentです。

xCurrentとは、XRP(リップルコイン)を利用するわけではなく、

送金するために必要な口座情報や支払う条件などをメッセージングでやりとりし、送金を可能とするための技術です。

もともと、ILP(Interledger Protocol)という異なる台帳間で通貨(価値)の移動を行うプロトコル(ルール)として決められており、

その決められたプロトコルをもとに開発されたソフトウェアがxCurrentというわけです。

xRapidとは?

一方、xRapidとは、

実際に、XRP(リップルコイン)を使用して、送金を行います。

送金の手順としては、以下の通りです。

  1. 金融機関が法定通貨をXRPに変換される
  2. XRPが送付される
  3. XRPが受取側現地の法定通貨に変換される

これは、国際送金における流動性コストを低減し、

リアルタイムな送金を望む、送金業者向けのソリューションです。

特に、リップル社としては、利用していただくターゲットを途上国と考えており、

送金コストを最小限まで抑えるために、XRPを利用するようにxRapidでは考えているようです。

上記から分かるように、xCurrentとxRapidの大きな違いは、XRPが使用されるか使用されないかという点である事がわかったと思います。

そして、xRapidが使用されれば、それだけXRPの売買が促進されるため、価値にも大きな影響を与える可能性があると思います。

Sponsored Link

さいごに

今回のニュースが発信された後、特にリップルの価値に対して影響はあまり出ていませんでした。

投資のファンダメンタル的に言えば、十分に価値を動かして良い発言ではありましたが、

まだまだxRapidとxCurrentの違いが浸透していないのかもしれませんね。

しかし、重要なのは、投資の世界で言われている格言である

「噂で買って、事実で売る」という事です。

今回の発言で価値が動いていない段階で、投資をし、2018年の夏から年末にかけて

実際に価値が動き出したら、売るという風にすれば、しっかり資産を増やすことができる可能性が高いでしょう。

今後のRipple社の動きとxRapidの動向にも目が離せませんね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

 

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

関連ニュース

リップルの今後をNASDAQが予想!!


転用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/NASDAQ

NASDAQ(National Association of Securities Dealers Automated Ouotations)は、1971年に全米の証券業協会(NASD)主催で開設されたアメリカ合衆国にある最大の新興企業向け(ベンチャー)株式市場です。

いわゆる新興企業向けの価値を査定している企業です。

このNASDAQが、あのリップルについて、記事を掲載していました。

それは、2018年12月までに高騰するだろうという記事です。

以下は、記事の一部の抜粋です。

仮想通貨(正式:暗号通貨)投資は、今や、ITリテラシー(能力)の高い人が行うものでなく、

誰でも参加できるものになってきました。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、大手の金融企業や、中央銀行までもが、その技術を重要視するようになって来ています。

また、投資家は、この24ヶ月の間に、特に、主要仮想通貨銘柄から普通では考えられないようなリターンを得ています。

この異常な値段の上がり下がりと将来への大きな期待から、短期トレーダーと長期投資家の中で議論が行われています。

加えて、仮想通貨の中核を担う技術的な革新とも呼べるブロックチェーン技術は、

取引の仲介を取り持つだけでなく、企業のあり方をも進化させています。

CitiやCredit Suisse、UBS、MetLifeなど金融業界をリードしている多くの大手銀行や金融企業が、

現在このブロックチェーン技術の採用を検討しています。

現在、私たち投資家はこの革新的な技術に仮想通貨(正式:暗号通貨)を通して、容易に関与することができるのです。

実際、世界で最も人気の通貨の一つである仮想通貨(正式:暗号通貨)もわずか20セントで売買されており、あなたの資産の有無に関わらず、関与できるチャンスが転がっています。

もしあなたが、もう市場に参加するには遅すぎると思っているのなら、それは大間違いです。

この分野は、2017年の爆発的な伸びを考慮したとしても、まだ初期の発展途上段階なのです。

市場には、数百の仮想通貨銘柄があり、大切なのは存続できる確率が比較的高い銘柄を選ぶことです。

別記事で紹介した、国際通貨基金のディレクターであるクリスティーヌ・ラガルド氏も、公の場で、

仮想通貨(正式:暗号通貨)の将来について、素晴らしさをコメントしており、驚きを覚えました。

しかし、NASDAQまでもが、このようなコメントをするとは、かなり驚きですね!!

ただ、それだけ、素晴らしいというのが伝わるかと思います。

NASDAQが考えるリップルが今後高騰する理由は?

NASDAQが考えるリップルの高騰理由は、やはり、取引銀行の多さです。

現在(2017年10月)、国際間の決済を可能にする最も速く、拡張性のあるデジタル資産として広く認知されており、銀行業界に旋風を巻き起こしています。

また、仮想通貨(正式:暗号通貨)市場でトップの位置にいるビットコインとは、異なり、リップルという名の企業により通貨は発行されています。

このリップルという企業が、目標として以下のように掲げています。

「インターネットが情報に与えた影響を今度はリップルがお金のために与える」

つまり、官僚機関からお金の解放を目標としているという事です。

もう少し、解説すると、現在ビットコインというのは、すでに官僚機関から貨幣価値を操作される事から解放されつつあります。

そして、面白いことに、リップルはビットコインや他の仮想通貨(正式:暗号通貨)と競争をするために作られたわけではなく、あらゆる通貨を補助するために作られたという事です。

いわゆる、リップルネットワークの目的は、ビットコインを含むあらゆる通貨のスムーズな送金補助を目的としており、それにより影響を与えたいと考えているようです。

これを聞くと、本当かよ??となるかもしれません。

しかし、リップルは既に、世界でも有数の複数の銀行が、リップルプロトコルを採用しているのです。

これが、送金補助のまず第一歩です!!

さらに、リップル社は、Andreessen HorowitzやLightspeed Venture Partnersなどの主要ベンチャーキャピタルグループからの出資も受けています。

つまり、各業界の主要プレイヤーたちがリップルの将来を見据えて真剣に捉えているのです。

速度、拡張性、安定性のどれを取ってもリップルはその他のブロックチェーンプロジェクトから一線を画しています。

支払いに数日間かかる既存の銀行システムや数時間かかるビットコイン、数分かかるイーサリアムに対し、リップルは同じ支払いを4秒でやってのけるのです。

リップルは、現時点で1秒毎に1500もの取引を完了させ、それを24時間休みなく続けることができ、さらなる拡張も期待されています。

リップルは、この数週間17セントから20セントの間を行き来しています。

現在の状況からすると、リップルは2018年12月までに、容易に1ドルまで値上がり、

数年のうちに5ドルに達し、ある専門家は最終的に20ドルもの価値になるだろうと予想しています。(NASDAQの以下コメント抜粋)

Sponsored Link