新規仮想通貨(Petro)が爆上げか?ベネゼエラは、独自通貨で輸出産業を盛り上げる??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

新規仮想通貨(Petro)が爆上げか?
ベネゼエラは、独自通貨で輸出産業を盛り上げる??

ベネゼエラは、インドに対して、ベネゼエラ発の仮想通貨であるペトロ(Petro)を使用し、

原油の購入をする場合は、30%割引すると2018年4月29日発表しました。

Sponsored Link

ベネゼエラの狙いは?

ベネゼエラの狙いは、まず自国の産油産業の盛り上げでしょう。

ベネゼエラは、世界第9位の産油国であり、

世界第5位の石油輸出国です。

ベネゼエラは過去石油産業が牽引し、ベネゼエラ経済を盛り上げてきました。

しかし、ここ最近は、石油輸出額は、石油価格の下落等の影響から、2013年あたりから、急激に下落しています。

その対策として、ベネゼエラの産業の中心である石油を盛り上げることにより、経済全体の盛り上げを狙っていると考えられます。

それに加え、仮想通貨のPedroで購入を呼びかけていると言うことは、たとえ30%OFFで石油を売ったとしても、

その仮想通貨Petroの価値が高騰すれば、その30%OFFの元は取ることができます。

従い、インドにとっても安くで石油を調達できますし、ベネゼエラにとっても石油シェアーを確保することができ、戦略的な販売促進ですね。

Sponsored Link

さいごに

ICOを行うためには、まずそのサービス、狙っている市場の強みが、どの程度あるかと言うのが、非常に重要になります。

その点、Petroは、ベネゼエラが世界第5位の石油輸出国であり、その自分が持っている顧客(市場)が既にあると言う点は非常に魅力的でしょう。

そして、そのPetroの普及のために、割引等で、通貨の魅力を訴求させており、Petroの購入に対するPetroの購入に対する障壁を下げています。

まさに素晴らしい戦略です。

加えて、このような価値を把握している先見の明をお持ちの方がいらっしゃったからこそ、

2018年2月20に開始したプレセールは、初日に785億円相当の金額を調達することができたのでしょう。

従い、今後期待の通貨になる可能性があるのではないでしょうか。

今後、日本でも地方分権が騒がれており、各地方自治の財源確保のために、ICOを利用する可能性が騒がれています。

それは世界でも同様であり、地方分権や分散管理など、中央集権からの脱却が今後の世界でのテーマになってくる可能性が高いです。

そんな中、どのような素晴らしいサービスをどのように訴求しようとしているのか、と言うのを見極めて行く必要がありますね。

また、ここでは話せない副業等での稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓
友だち追加

 

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース


暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

3 件のコメント