中国が仮想通貨で本気を出してきた??ビットコインに期待??

中国における仮想通貨の流れが変わってきましたね。

ネガティブな話もありますが、まずは、ポジティブな話題から。

中国新華社通信が1面にビットコインを!

中国新華社通信というのは、政府の要人発言を独占的に配信する事が多く、中国政府と親密な関係のメディアです。

従い、中国政府に関する批判的な発言というのは、ほとんど報道されません。

そんな新華社通信が、仮想通貨ビットコインについて、1面で「ブロックチェーン技術で成功した最初の事例」として紹介していました。

記事は以下の通り始まっています。

「最初にビットコインは実態のある通貨ではない。インターネット上で生産され、運用されているものである。国内の法律や国家の信用によってサポートされている紙幣とは異なり、ビットコインは現代のインターネットテクノロジーの時代で生まれたものだ。」

まさに、ビットコインについてべた褒めですね。

記事の中では、より詳しい暗号やマイニング・半減期・ブロックチェーンの仕組みについても解説しています。

一応ネガテイブな内容も報道されており、それは以下の通り記載されていました。

「ビットコインの価格は大きく変動する。ビットコインは単なるデータの集まりで、実際のお金や商品にリンクされていないため、価格の安定性を確保することは難しい。」

確かに、上記は問題点ですが、投資家によっては、ビットコインの価格が大きく変動するということは、逆に魅力的でもありますので、一概に、ネガティブとは言えませんね。

デジタル人民元テスト段階突入

中国の中央銀行である「中国人民元」の元総裁であるZhou氏は、デジタル人民元は、主に国内における一般決済や小売・国際間決済に利用されると導入されると発表しました。

しかも、これは目標ではないという事ですので、確実に達成する課題という事ですね。

中国人民銀行は、まだリサーチとテスト段階と話している中、

元総裁が、先走った感はありますが、中国では、公式発表をする前院、元高官を介して、「事前発表」をする事はよくある事なので、

今回の発表も同様の部類になるのではないでしょうか。

さいごに

新華社通信は、いわば政府の代弁者ですので、その新華社通信が、ビットコインを全面的に推しているとすれば、中国の資金が流入してくる可能性は大きいですね。

さらに、デジタル人民元のリリースがすぐそこまで来ているという事ですので、中国全土から市場が盛り上がってきそうですね。

若干市場が下がって来ていますが、今後に期待です。

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

Fx手法説明資料のプレゼント中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

コメントを残す