イーサリアムの可能性を拡大させるには!!スケーラビリティへの対応が必要!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年10月現在、仮想通貨(正式:暗号通貨)市場において総資産第2位のイーサリアムですが、

ビットコイン同様に、スケーラビリティ問題が取り沙汰(ざた)されていました。(詳細:リンク

そんな中、イーサリアムはスケーラビリティ問題に対して、どの様な対応を検討していくのか?という英文記事がありましたので、紹介します。

Sponsored Link

イーサリアムの取引承認数は?

イーサリアムは、第二世代の暗号通貨と呼ばれており、

ビットコインの毎秒のトランザクション数と比較しても、処理能力は高いです。

しかし、イーサリアムベースのICO(Initial Coin Offering)により、ブロックチェーン上のトランザクションが増え、スケーラビリティの問題に直面しています。

以下は、イーサリアムとその他の通貨の毎秒のトランザクション(取引)処理能力です。

毎秒の処理能力
ビットコイン 5件
イーサリアム 15件
リップル 1000件
VISA 4000-6000件

イーサリアムはEEA(Ethereum Enterprise Alliance)という団体を設立しており、

企業間でブロックチェーン技術の開発や新しい分野への適用について、情報交換を行なっています。

従い、この処理能力を向上させる事は、イーサリアムが可能性を拡大させるためには、必須条件となってきます。

特にイーサリアムのEEAには、金融関連、ネットワーク関連、生産関連、医療関連と多くの分野の企業が参加しているので、

VISA相当の処理能力は必要となる可能性は高いです。

Sponsored Link

スケーラビリティ問題への対処法は?

では、実際のスケーラビリティに対する対応策ですが、どの様に対応するのか?

それは、PoSも1つの対応策として挙げられていますが、もう1つ“Sharding”という方法が挙げられています。

現在イーサリアムは、PoW(Proof of Work)(2.5章参照)というトランザクションの処理方法を採用していますが、

その処理方法を“Sharding”に変更する事で、処理能力の向上が見込めるというものです。

このShardingですが、マイニングを行う端末(PC)をネットワーク上につなげ、トランザクションの承認作業を分散して実行させます。

このトランザクションの整合性の処理を複数マシーンで同時に分散して実行する事で、各端末の作業負荷を分散させるというのがShardingという方法になります。

これにより、イーサリアムのマイニング・ネットワークを形成している端末で分散的に承認処理を実行すれば、ネットワーク規模の巨大なイーサリアムであれば、VISAの処理能力を凌駕(りょうが)できるのではないかと期待されています。

Sponsored Link

さいごに

どの様な分野でも、ぶち当たった壁から逃げずに、それをどの様に乗り越えるか検討し、壁を越えて、新しいステージに登る事が必要だと思います。

その繰り返しで、自身の価値が伸びていくと、私は思っています。

イーサリアムも、ビットコイン同様のスケーラビリティ問題にぶち当たり、現在団体の英知を集結させて対処しようとしており、

今後の動きに注目したいところです。

イーサリアムの強みは、やはりEEAも1つですが、その団体の団結力というのも必要になるでしょう。

でなければ、ハードフォークで通貨が分裂し、市場を混乱させてしまいます。

ハードフォーク自体は、悪いことではないですが、市場へ影響を与えるというのは、内容を知らない人へは、恐怖を与える要因にも成り得ます。

従い、通貨の今後の方向性を統一し、対応していただきたいものです。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

コメントを残す