仮想通貨(暗号通貨)のブロックチェーン技術をVISAが導入!!

仮想通貨(正式:暗号通貨)の中に使用されているブロックチェーン技術は現在多くの分野に浸透しようとしており、

医療関連、金融関連等で主に展開しようとしています。

そんな中、とうとうクレジットカード業界で有名なVISAもブロックチェーン技術の展開を急いでいるというニュースがありましたので紹介します。

Sponsored Link

仮想通貨(暗号通貨)のブロックチェーンをVISAが導入?

クレジット業界で、現在マーケットシェアーを50%以上持っている、VISAカードですが、

なんと2018年中旬にB2B(Business To Business:企業間取引)の取引プラットフォームにブロックチェーン技術を用い構築する事を検討していると発表しました。

これは、シンガポールで開催されていたFinTechフェスティバルにて、VISAが現在の自社でのブロックチェーンベース商取引プラットフォームの状況を公開したものです。

Sponsored Link

仮想通貨(暗号通貨)のブロックチェーン技術の導入状況は??

VISAの発表によれば、VISA B2B Connect Platformは2018年に発表予定で、

金融機関に、より効率的なクロスボーダー決済手段を提供する予定のようです。

現在VISAカードは、このプロジェクトを2016年から開始しており、既に以下の金融機関のグローバル・パートナーシップの仲介をしています。

米国商業銀行、シンハン・バンク・オブ・フィリピン、ユニオン・バンク・オブ・フィリピン、シンガポール・ユナイテッド・オーバーシーズ・バンク

仮想通貨(暗号通貨)への影響度は??

今回のVISAのブロックチェーン技術の導入により、仮想通貨(正式:暗号通貨)への需要に歯止めがかかるかと言われると、あまり影響度はないものと考えます。

というのも、まず、第一に市場が異なります。

例えば、ビットコインの市場は一般消費者向けであり、通貨としての利用もさることながら、投資商品としての強みもあります。

VISAには、この点が欠けているため、ビットコインへの歯止めにはならないでしょう。

イーサリアムは、確かに企業向けの商品ではありますが、VISAが目指している金融関連企業間の取引とは、少し市場が異なります。

リップルの場合は、確かに、市場が重複していますが、既に連携している企業ネットワークの数がリップルの方が大きく前を言っているため、そこまで影響はないのではないかと考えます。

ただ、リップルに関しては、さらに金融機関の需要を伸ばさなければ、影響が出てくる可能性もあると思います。

Sponsored Link

さいごに

VISAカードがブロックチェーン技術を導入するということは、素晴らしいことであり、とても期待ができます。

しかし、ココで把握しておかなければいけないのは、この技術は、もともと暗号通貨の専売特許です。

従い、技術者も含め、暗号通貨側に優位性があるのは、確かでしょう。

さらに、暗号通貨の目的は、

取引を迅速に行うだけでなく、法定通貨から脱却し、経済破綻している国民の救いの一手になるような

国からの価格操作を受けない通貨です。

その根本が異なるため、VISAカードが今よりも、さらに取引がスムーズになっても大きな影響はないと考えます。

むしろ、ブロックチェーン技術が広まることで、暗号通貨のプラットフォームとリンクさせたりする事で、

より可能性が広がるのではないでしょうか。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す