アメリカの利上げ終了で2019年はどういう方向に進むのか!?

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

アメリカが2018年12月をもって利上げが最後のアクションになるかもしれません。

でも、これってどういう事なのか??

「利上げ」とは政策金利の利上げになります。

そのため、利上げが実施されれば、長期債券(*1)の金利も上がる事から個人投資家が、アメリカの長期債権の購入に動き、米ドルが買われる事になります。

結果として、「円安ドル高」の動きになっていきます。

Fx実施者としては、USD/JPYで買いでエントリーという流れになります。

しかし、今回の話は、「利上げ終了」です。

実は利上げが終了すると、次にあるのは、「利下げ」の動きが予想されます。

「利下げ」をアメリカが実施すれば、自ずと「米ドル売り円買い」の流れになります。

過去にも以下の通り利上げ終了後に、すぐに利下げを実施しています。円買いの動きから円高傾向に転じています。

・1995年2月(利上げ終了)
・1995年7月(利下げ開始)

・1997年3月(利上げ終了)
・1998年9月(利下げ開始)

・2000年5月(利上げ終了)
・2001年1月(利下げ開始)

・2006年6月(利上げ終了)
・2007年9月(利下げ開始)

上記状況に加え、現在日銀は、1995年当時は、日本の政策金利が1.5%ほどあったため、円買いの流れを食い止めるために、政策金利を下げるという動きを見せ対応しました。

しかし、今では金利はたった0.25%しかありません。そのため、調整シロがほとんどない状態であり、円買いを止める要因が今の日本には残されていません。

従い、継続した結果として「円高」の傾向が2019年は高くなりそうです。

もし、記事に共感できたら「いいね」や「シェアー」頂けると幸いです🙇‍♂️

Sponsored Link

2 件のコメント