ダイヤモンドの市場が大きく変わろうとしている・・・その真相とは??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

ダイヤモンドの市場は、約9兆円規模あると言われています。

ただ、その市場が大きく変わろうとしています・・・その市場を脅かす新しいダイヤモンドとは・・・

「合成ダイヤモンド」というものです。

ダイヤモンドは、もともと「紛争ダイヤモンド」という言葉があるくらい、劣悪な環境で取られたダイヤモンドの大量の資金が、武装集団の資金源になっているという話もあります。

そのため、天然ダイヤに対し、異議を唱える団体もいます。

そこで出てきたのが、合成ダイヤモンドです。

合成ダイヤモンドとは、いわゆる人の手で作り出されたダイヤモンドです。

天然のダイヤモンドは、地底の地殻マントルと呼ばれる場所で、高温と圧力がかかり、炭素が変化したものが天然のダイヤモンドです。

一方、合成ダイヤモンドは、天然ダイヤと同じ炭素を使い、圧力をかけて、原石を作り出します。

そして、カットしてしまうと、プロのバイヤーでも見破ることができないほど、精巧な合成ダイヤモンドが出来上がります。

実際に見破るためには、700万円もする機材で、紫外線を当てると、天然ダイヤモンドの方は、炭素以外の不純物であるフッ素が入っているため、強く光ります。

しかし、合成ダイヤモンドは、その様な不純物が入っていませんので、強く光りません。その様な機材がない限り、今は見破るのは難しいと言われているくらいです。

ちなみに、合成ダイヤの値段は、天然ダイヤの1/3程度と格安です。そのため、市場を荒らす存在になるのではないかと言われています。

いわゆる、日本が真珠の養殖に成功し、ヨーロッパに売りさばいたことと同じようなことが、今まさにダイヤモンドで行われようとしているのです。

真珠の際も、最初は、偽物だとして、叩かれましたが、結果として裁判で偽物の真珠ではないとして判決が出た事で、一気に広がりを見せました。

この様なことが「合成ダイヤ」と「天然ダイヤ」でも今起ころうとしています。

そして、この合成ダイヤ市場の覇権争いを、中国とアメリカでやろうとしており、今後目が離せない状態となっています。

特にIT企業が集まるシリコンバレーに拠点を置く、「ダイヤモンド・ファンドリー社」は、これまでにない高品質な合成ダイヤの生産に成功したという事で、注目を集めそうだなと、一人で考えています。

もし、記事に共感できたら「いいね」や「シェアー」頂けると幸いです🙇‍♂️

Sponsored Link