仮想通貨はコモディティ(商品)になるの??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

仮想通貨はコモディティ(商品)になるの??

アメリカ連邦裁判所は、

仮想通貨がコモディティ(商品)であるという判決を下したということが、

CTCFのツイッターから分かりました。

商品とは??

商品とは、いわゆる、

金や銀などの様に、

ある一定の価値があり、それを使って何かをするというものではなく、

「モノ」として存在する金融商品のことを指します。

また、商品(コモディティ)と比較されるものに、

有価証券があります。

仮想通貨は有価証券ではないのか?

という議論もありましたが、

有価証券とは、

約束事が書かれた紙といったイメージです。

「債券」や「株券」が

その良い例です。

ある製品を作ったり、あるサービスを構築したりするので、

我々に投資してくださいというのが、

株式になります。

また、有価証券は、約束を元に、発行されているため、

四半期ごとに決算書の提出等が実施されます。

こうやって、お金だけ集めて、

何の報告もせずに、逃げてしまう様な詐欺案件を規制しているわけです。

これを聞くと、ICOは、有価証券にあたるのではないか??

というのが、疑問に思うと思いますが、

今回の米国連邦裁判所は、

あくまで仮想通貨に絞った回答をしているため、

ICOについては、今後違った管理になり、

「有価証券」として取り扱われる可能性もあります。

その場合は、SEC(米国証券取引委員会)が

何らかの動きを見せる可能性がありますね。

Sponsored Link

さいごに

今回の判決により、

まずは、仮想通貨は商品であるというのが、

米国でははっきりしました。

また、ビットコインETFが前回延期になった理由として、

消費者保護という観点から、延期されましたが、

今回の判決により、仮想通貨を監督する機関が

CFTC(商品先物取引委員会)と明確になった事は少し前進したと言えるのではないでしょうか。

まだ、ETF延期のもう1つの理由である

ビットコインの価格操作については、対策の動きが見られませんが、

徐々に前進しているという点では非常に良かったのではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、誠に有難うございます。

また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link