バイナンスのCEOが西日本に寄付!!多くの賛同者からの資金も仮想通貨市場へ流入か??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

バイナンスのCEOが西日本に寄付!!
多くの賛同者からの資金も流入か??

仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)のCEOである

ジャオ・チャンポン(CZ)氏が2018年7月8日、

先週起きた記録的な大雨「平成30年7月豪雨」により被害が出ている西日本に対し、

100万ドル、日本円にして約1億1,000万円を寄付することをツイッターに投稿しました。

Sponsored Link

これが本当の仮想通貨の使い方!!

今回のニュースは、仮想通貨にとって喜ばしい使い方のお手本を示した形です。

CZ氏は「我々は西日本の被害者と共にある」とツイートで表明し、

まず100万ドル相当をバイナンスコイン(BNB)、ビットコイン(BTC)、もしくは日本円で寄付するつもりだとしていています。

またこれを機会に我々の仮想通貨パートナーに参加を呼びかけ、

助けを必要としている仲間たちを救うともコメントし、

世間一般の仮想通貨に対する投機的な見方とは違うイメージを与えようとしていています。

CZ氏はどのようなルートを経由するかは、これから検討するとし、

寄付をしたい人やプロジェクトはツイッターのスレッドでCZ氏に知らせるように呼びかけていています。

Sponsored Link

さいごに

日経新聞によれば、平成30年7月豪雨によって、9日までに西日本の15府県で合計112人が死亡、80人以上が安否不明となっていています。

バイナンスは今年3月、無登録で日本人居住者に営業したとして、金融庁から警告を受けており、同月に本社を香港からマルタへと移転しました。

バイナンスに今後賛同する人々がこのような自然災害に対して一緒にサポートしようと言う流れが出てくれば、

新たなプロジェクトを発足する事も考えられ、財政的に難しいと考えられる自治体に大きな影響を及ぼすことも考えらます。

日本においては金融庁から警告を受けた事で、一時活動を見合わせる流れを出していますが、

今回の寄付を機会に日本の関係省庁に存在感をアピールすると共に、好印象を与えることにもなるでしょう。

また、このような使い方が、本当の仮想通貨の使い方の1つだと私は思い、

投資をしています。

このような寄付は、従来の金融機関を要すれば、本当に寄付されるのか分かりませんし、

時間を非常に要します。

その点、すぐに使える形で、寄付する、

インターネットが起こした革命を効率的に活用した、素晴らしいニュースだと思います。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

 

Sponsored Link

3 件のコメント