2captcha.comとは??セキュリティにもAIが導入され、進化を続ける。

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2captcha.comとは??セキュリティにもAIが導入され、進化を続ける

よく事前登録していたサイトなどに、

ログインする際に、以下のような認証を受ける機会があると思います。

① グニャグニャ文字を解読する認証
以下画像のように、グニャグニャ文字を解読する事で、

ロボットによる、不正ログインか、

人間によるログインかを見分ける手法です。

ロボットには、グニャグニャ文字はなかなか解読できないと言われていたので、

このような手法がとられていました。

② reCAPTCHAによる認証
① の手法では、ロボットによる文字解析はできないと考えられていましたが、

AI(人工知能)の進化により、ネット上の文字認証を簡単突破できるようになったと、

米科学誌サイエンスが発表しました。

これにより、①の手法から②へGoogleとして移行していきました。

② では、特に文字をタイプする事はなく、

出される画像やロボットかどうかのチェックボックスを

選択させる事で、

人間かロボットかを解読する手法です。(以下参照)

しかし、画像認識能力も

人間の目を徐々に超えてきていると

東京大学の特任准教授の松尾氏が発表していました。

そうなってくると、次の対策が必要となってきます。

そこで、

2captcha.comという

Captchaサービスでは、

画像認識能力の盲点をつくようにしています。

それは、AI(人工知能)がネット上のデータをもとに、それが何かを判別するためには、

その画像情報が溜めておく必要があります。

しかし、そうでない画像は、判別できません。

なので、2captcha.comでは、

そのような画像データやテキストデータを

一般ユーザに画像やテキストを判別してもらい、

自社でデータを溜めておきます。

その判別されたデータとユーザの回答を照合し、

詳細は、以下URLを参照ください。

「2captcha」:https://2captcha.com/about-2captcha

なので、今後セキュリティが強化されて行く中、

注目のサービスになりそうですね。

さいごに

仮想通貨や、ICT、IoT、人工知能など

全ての情報がネット上に上がって行く中、

セキュリティというのは、重要な分野の1つになっています。

例えば、インフラ関連では、

電力情報セキュリティというような、規約が制定されており、

各分野でセキュリティが騒がれています。

そんな中、こういう企業サービスというのは、今後伸びて行く可能性があるのではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

Sponsored Link