イーサリアムの将来性は??米有名経済誌のブルームバーグが太鼓判??

2017年10月にメトロポリスというシステムアップグレードを控えている、イーサリアムですが、

2017年10月現在総資産は仮想通貨(正式:暗号通貨)市場において、現在第2位です。

個人的には、多くの可能性(例:EEA等)を加味し、今後価値が大きく高騰する可能性の高い通貨の1つと考えています。

そんな中、イーサリアムのアップグレードについて、アメリカの有名経済誌であるブルームバーグ(Bloomberg)が太鼓判を教えているという英文記事がありましたので、紹介します。

Sponsored Link

ブロックチェーン技術の進化!!

ブロックチェーンの技術は、現在大手銀行や、その他の産業で広く使用され、日々広がりを見せています。

この技術は、もともとは、仮想通貨(正式:暗号通貨)が基礎となっており、その基礎を応用して、多くの産業に活用されています。

ブロックチェーンの基礎:詳細

ブロックチェーン技術の課題

現在銀行業や、金融プラットフォームにブロックチェーン技術を適用した場合、問題となるのは、

「プライバシ」に関する問題です。

プライバシの問題は、トレーダーや利用者にとっては重要な課題です。

現状のブロックチェーンの技術では一般的に、インターネットの世界で使用されている「公開鍵暗号方式」ですが、さらなるブライバシ保護の現在の課題となっています!

Sponsored Link

イーサリアムの将来性??プライバシの問題点の解決?

イーサリアムの将来性として、10月に実施されるメトロポリスが注目を浴びている1つの要因は、このプライバシ問題に対する対策です。

これが、メトロポリスで実装される「zk-snark」です。

zk-snarkとは、ゼロ知識証明を活用した技術のことで、概要を言うと、

自分自身が相手の秘密(パスワード)を知っていることを相手に伝えずに、パスワードを知っている事を伝える暗号化技術です。

例えば、私が、あなたの名前を知っているとしましょう。

しかし、あなたの名前を知っているという事は伝えず、あなたに関する周り情報(例:母親の名前、過去の情報等)を伝える事で、私の名前も知っていると伝える技術です。

これをデジタル化し、定型化したのが、ゼロ知識証明です。

この新技術の達成対して、Bloombargも以下のとおり非常に賞賛しています。

「清算」や「決済」のような重要な金融市場機能を構築する能力は、銀行が顧客および専有データの秘密情報を保護できるかどうかに、大きく左右されています。

そこで、数十年にわたる理論上の可能性であるゼロ知識証明が、現実のものとなり、基礎となる情報(例:パスワード)を共有する必要なくトランザクションを検証できる今回なった。これは本当に、素晴らしい技術です。

Sponsored Link

さいごに

ゼロ知識証明の技術について、すでに実験は完了しています。

そして、この技術は、米経済誌も納得させる素晴らしい技術です。

今後は、イーサリアムをバックアップするEEA(Ethereum Enterprise Alliance)で実験的に使用され、次に、世界的に広がりを見せる可能性が高いと思います。

まさに、第四次産業革命の幕開けになるのではないでしょうか。

最後までおつきあいいただきありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

Fx手法説明資料のプレゼント中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加