リップルはビットコインを抜くことが出来るのか?大手決済プロバイダーがリップルを活用!?

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓無料副業情報&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

2018年注目のアルトコインの筆頭であるリップルですが、

またまた、楽しみなニュースを発信していましたので、紹介します。

Sponsored Link

リップルはビットコインを抜くことが出来るのか?
大手決済プロバイダーがリップルを活用!?

国際的な大手決済プロバイダーであるCambridge Global Payments(ケンブリッジ・グローバル・ペイメント)が、

リップル社の提供するソリューションであるxRapidを通じて国際決済フローでリップルコイン(XRP)を使用するパイロットプログラム(テストプログラム)を開始した事を2018年3月1日にツイッターで発表しました。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメントは石油関連企業にプロダクト・サービスを提供する世界最大手のFleetCor Technologies(フリートコ・テクノロジーズ)の子会社であり、

世界に13,000以上からの顧客を持ち、

年間200億ドル(約2兆1,100億円)の国際取引を処理しています。

この送金にxRapidを使い、リップルコイン(XRP)を組み込むことで、

より低コストかつ迅速で安全でリアルタイムな送金を実現させることができます。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメントのCOO(最高執行責任者)であるMark Frey氏は、xRapidを活用することに対し以下のように述べています。

このパイロットプログラム(テストプログラム)が、提供出来る見通しにある事について、非常に感銘を受けています。

その情報を使用して、ケンブリッジとフリートコは、国際収支におけるブロックチェーンのビジネスモデルを開発するのに役立てたと考えています。

Sponsored Link

リップルへの影響度は大きい??

今回のニュースは、リップル(XRP)への影響度は大きい可能性が高いですね。

その裏付けとして、リップル社の事業開発担当ディレクターである、Danny Aranda氏は、

ケンブリッジのようなパートナーは、金融機関向けにXRPを使用する革新的な可能性を認識していると考えており、以下の様なコメントを残しています。

ケンブリッジのようなパートナーと協力してリップルコイン(XRP)の利点を理解し、

XRPを使用してグローバル決済システムの非効率性を克服することに重点を置いています。

私たちは、このパイロット期間中にケンブリッジと協力して、顧客の国境を越えた支払いのスピードと透明性を高めることを楽しみにしています。

実際に、xRapidをテストしている企業は増えており、

最近では「ウェスタンユニオン」、「マネーグラム」、「IDT Corporation」、「Mercury FX」、「Cuallix」と、この数ヶ月だけでも5社の金融機関が参加しています。

今後、さらなる新しい提携やRippleNetの拡大、XRPの実用化に期待されるリップル社の動向からますます目が離せませんね。

Sponsored Link

さいごに

やはり、リップル社のように自身の市場が明確で、その市場を拡大するための努力を続けている企業は、非常に注目できるのではないでしょうか。

さらに、2018年はICOとアルトコインの伸びに期待したいところであり、

明確な市場とその市場をどのように拡大させようとしているのかの体制をしっかり把握して行く必要がありそうですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

⚠注目⚠

ちなみに、みなさん各取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)で取引手数料が違うという事は知っていますか?

せっかく投資する手数料を無駄に捨てていてはもったいないです。

国内であれば、Zaifという取引所が格別に安いですし、金融庁からの認可も受けています!!

あのCoincheckは金融庁からの認可はおりていません。

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Zaif:    -0.01%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、世界最大の取引所で、安全な海外取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、bitFlyerでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ Zaif 作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

2 件のコメント