【重要】仮想通貨ノアコインは本物か?安全か?詐欺か?利用者の不安解消!

2017年は、仮想通貨元年になる可能性が大きいです!!
仮想通貨の流通情報を記載している右記リンク(リンク)にも記載しましたが、Suicaと同じくらい使用可能なインフラが整えられようとしています。

これにより、仮想通貨が国際通貨(例:円、ドル)と変わらない立ち位置になって行くかもしれません。

さらに、最近新しい仮想通貨が現れました。ここでは、その安全性を確認した内容を記載したいと思います。

 

 

新仮想通貨ノアコインの誕生!!

仮想通貨(正式名称:暗号通貨)が最近非常に注目されています。

仮想通貨の中心は現在ビットコインですが、そのビットコインの立場を脅かす可能性がある通貨が発表されました。

それは、ノアコインです。

ノアコインとは、以下2つの目的から製作された仮想通貨になります。

⑴ フィリピンの海外就労者の送金手数料をなくす
⑵ フィリピンの都市開発の資金とする

上記理由については、以下で詳しく紹介したいと思います。

ノアコイン設立目的⑴ フィリピンの海外就労者の送金手数料をなくす

フィリピンという国は、海外に多くの就労者を派遣しており、その数は世界でもトップクラスです。その理由は、英語を堪能に使いこなし、真面目に働くため、世界的に非常に重宝されているためです。

また、フィリピンの海外就労者を通称OFW(Oversea Filipino Worker)と呼びます。そのOFWたちは、決まってフィリピンにいる家族に稼いだお金を大量に送金します。

理由としては、彼らにとって家族というのは一番大事な存在であり、自分の生活費を犠牲にしてでも、家族のためにお金を送金します。

そんなOFWの2015年の送金額は総額約2兆9307億円にもなります。

さらに、その送金手数料は約3500億円にもなります。

かなり大金ですね・・・。

こういったお金は本来、フィリピンの国民が消費できるお金にもかかわらず、各国の主要銀行が送金手数料として徴収している事になります。

これは、フィリピンにとってとても大きな問題となっています。
このお金があれば、フィリピンのインフラ整備や、福祉の予算等に補填できる可能性があるにもかかわらず、現状は使えないお金となっているのです。

この問題を解消すれば、フィリピンとして大きく進歩できる可能性があります。
そこで、フィリピンの有力者たちが、知恵を出し合い考え出したのが、新規仮想通貨の製作です。

ノアコインです。

その新規仮想通貨があれば、海外送金手数料を大幅にカットできるため、フィリピン人の経済を潤すことが出来る可能性が高くなります。

素晴らしい秘策ですね!!

ここで、勘違いされやすいのが、フィリピン政府の秘策と勘違いされてしまう事です。

一般的に、仮想通貨(暗号通貨)というのは、国の正式通貨ではなく、中央銀行(日本で言えば、日銀)が管理できないお金です。

そのため、もちろん国の秘策として仮想通貨をリリースするなんて事はできないのです。

従い、有力者たちが知恵を出し合い、仮想通貨の秘策を考えたのです。

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック
Sponsored Link

ノアコイン設立目的⑵ フィリピンの都市開発の資金とする

フィリピンは現在まさに都市開発の真っ只中です。実際に私もフィリピンに2年間住んでいたので、その急成長ぶりは目を見張るものがあります。

もちろん、少し田舎に行けば、トタン屋根の家が多くなる事は否めませんが、中心地(マニラ等)は、東京と遜色がないくらい発展してきています。

特に大きく成長した都市の一つに「ポートボニファシオ」という都市があります。

そこは、緑と都会を融合した場所で、日本で言えば、横浜の「みなとみらい」の様なイメージです。

そんな綺麗な街がフィリピンにあるなんて本当!?と思うかもしれませんが、本当です!!

そして、もう1つ新しい都市をこの仮想通貨を資金として開発しようとしています。

その名も「ノアシティ」です。

ノアシティは、フィリピンの「エトンシティ」という場所を拠点に開発しようとしており、すでにそのエトンシティに行くまでの都市もかなり整備が進んでいます。

さらにすごい事に、そのノアシティでは、ノアコインを中心に商品の売買を進める様な都市にしようと考えており、ノアコインを保有していないと、逆に不便な都市になる予定だそうです。

まさに、財布が入らないスマホだけで生活する近未来都市といった感じですね。

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック
Sponsored Link

ノアコインは安全なのか!?信頼できるの!?

仮想通貨というのは、やはり偽物も多くリスクはもちろんあります。ただ、仮想通貨というのは、まず以下の条件に1つでも当てはまる項目があれば、詐欺もしくは、発展しない可能性が高いそうです。

(a) 宣伝に力を入れない
(b) プレセールの時に一期プレセールから比べ、最終プレセールまでに2倍以上価値を上げる。
(c) インフラ整備に力を入れない

まず、(a)の宣伝に力を入れないという事ですが、仮想通貨の今回のコンセプトは本当に素晴らしいです。ただ、その情報を誰も存在を知らないとなった場合、ノアコインが流通する可能性は低いですよね??

流通しなければ、ノアコインを買いたいという人も現れませんので、価値は上がりません。

そのため、広告力がなければ、ただの暗号化された価値のない通貨になってしまい、損してしまう可能性が大きいです。

次に(b)のプレセール時から、2倍以上価値を上げるということですが、これはあまり価値を上げてしまうと、購入者の数はもちろん増えるでしょうが、逆に市場が公開された瞬間に全員がある程度価値を見出したということで、売りに走る可能性が高いです。

そうすると、またノアコインの価値が大幅に低下し、結果として使えない通貨に成り下がってしまいます。

最後に(c)のインフラ整備ですが、どんなにノアコインを購入したとしても使える場所や、換金したりする場所がなければ、持っていても使う場面がないので、流通しない可能性が高いです。

そうなると、誰も欲しくないと感じてしまい、流通しないでしょう。

そう考えると、ノアコインはどうでしょうか?
以下の通り纏めてみました。

(a) ノアコイン安全性評価−1:宣伝への強化は?

結果:問題なし!!
以下動画を見ていただければ分かる様に、膨大なお金を使って宣伝を使って某ホテルで盛大にノアコインの発表をしています。

さらに、この発表のゲストとして2013年ミス・インターナショナル

ベア・ローズ・サンチャゴさんがスピーチをされています。
こういった事からも、お金を使うべきところに適切にお金を使って宣伝している事がわかると思います。

ただ、現状SNS等を使っての宣伝は解禁されていないですが、今後は、航空機でのCMや高速道路の看板を使用した広告を予定しているそうです。

また、Youtubeでは既に多くの広告CMがアップロードされており、その中の1つは以下の動画です。ぜひ一度ご確認ください。

これだけ広告に力を入れていれば、投資する方としても安全性が見え、少し安心ではないでしょうか?

(b) ノアコイン安全性評価-2:プレセールからの価値の推移は?

結果:問題なし!!
以下の表を見てもらえれば分かる様に、プレセールからの価値の推移は適切な推移だと考えます。異常な価値の上昇もないため、市場がオープンしたとしても全員が売りに走るということはないと考えます。これも、安全性評価の大きな1つですね。

 

(c) ノアコイン安全性評価-3:インフラ整備は?

結果:問題なし!!
インフラの整備は、⑵に記載した通り、全く問題ないです。さらに、ATMやお財布アプリのリリースも予定されているとの事ですので、この点についても心配ないと思います。

さらに、フィリピン中央銀行の副総裁エンペラー副総裁が以下の様な発言をしています。

「One class of operations framework that we’re looking at right now will allow virtual currencies to operate in the country, and that makes them accountable for certain matters like anti-money laundering initiatives,」
※ 出典 https://www.bloomberg.com/professional/blog/philippines-mulling-bitcoin-regulation-remittance-use-surges/

直訳すると、

「われわれが現在検討しているオペレーション・フレームワークの1つは、バーチャル通貨を国内で運用することを許可する。そして、マネー・ロンダリング対策のような特定の問題に対しては我々も責任がある」

また、出典の中に記載された発言から、中央銀行の副総裁もOFWの送金手数料の対策として仮想通貨が対策の1つになりうると考えている様です。

ただ、これがノアコインかどうかは、わかりませんが、中央銀行の人間も仮想通貨を大事に考えていることは確かですね。

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック
Sponsored Link

仮想通貨法の施行!ノアコインの安全性も向上??

上記でもまだまだ、不安を感じる方もいるかもしれませんが、日本国内でも2017/4から仮想通貨法(正式:改正資金決済法)が施行されました。

詳細は右記リンクにも記載していますが、仮想通貨で騙される方が増えているという現状から日本でも正式法案がリリースされました。

こう言った意味でも、騙される前にしっかりと下調べをするための機関が日本にも出来た事と、売買する機関は、消費者にしっかり説明する義務ができた事になります。

そのため、そう言った義務を放棄する様な機関は詐欺の可能性があると判断できる材料の一つになりますね。
こう言った意味でも安心材料の一つではないでしょうか?

 

ノアコインの管理・協賛情報!!

ノアコインの管理・協賛情報からノアコインの安全性を測る指標になると思います。
詳細情報は以下を参照ください。

ノアコイン管理団体とは!?

ノアコインの管理は、ノアファウンデーションという非営利団体が行なっています。

また、ノアファウンデーション(Noah foundation)に協賛しているのは、ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ大統領やヤサイ外務大臣に関わる人物、フィリピン・エアライン(Philippine Airlines)、ASIA BREWERY、PNB SAVINGS BANK、DMCI HOMES LEASING SERVICES、さらにフィリピン有数の大富豪

「Lucio Tan」(LT Group CEO)など各業界の財閥・財界人の協賛で運営されています。

このLucio Tanというのは、フィリピンでは知らない人がいないくらい大富豪です。彼の紹介は以下を参照ください。

“Lucio Tan”

フィリピンで毎年富裕層トップ5に選出されている超大富豪。「フィリピン航空」を経営しているフィリピン有数の一族として有名で、そのほかタバコ産業、銀行業、飲料・アルコール事業など傘下企業を展開。また、「MacroAsia Corporation」CEOの息子も飲食業、不動産業、配送業、空港関連業など様々な事業を幅広く手掛けており、ノアシティ(NOAHCITY)の開発にも携わっています。

Sponsored Link

これを見れば、ノアコインを管理する団体も、しっかりした体制でバックアップされている事がわかりますね。

協力団体情報(1) -日本企業-

フィリピンだけでなく、日本企業で出資しているのは、イオン(AEON)取締役兼代表 執行役社長、グループCEOという役職に就いている岡田元也氏です。

これは、ノアシティの中に設立予定の大型ショッピングモールの計画・設計を日本企業のイオンが協力する事で、イオンとしても大きなメリットがあると考えている事が分かると思います。

さらに、イオンとしてもノアコインが、成功すれば日本のイオングループにノアコインを逆輸入して、使用可能な様にする事も可能性としてはあるはずです。

こういう情報があると、やはり日本人の我々としては、ノアコインの魅力を感じると思います。(2017/4/18追記)

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

協力団体情報(2) -フィリピン有名企業-

Revolution Precraftedというプレハブを使った家づくりのメーカのCEOであるロバートアントニオ氏が、東京都内のディベロッパーセミナーで開催された最先端プレハブのプレゼンテーションの場で、ノアコインへの協力を言及したそうです。

■アントニオ氏(写真)グローバルアジア 2017年4月17日 の記事から転用

Revolution Precraftedという会社は、フィリピンの不動産開発大手傘下の企業であり、フィリピンの発展のために作られたノアコインに関し、感銘を受けたことから協力を明言したようです。

ノアコインの価値は、伸びる!?

ノアコインの価値が、伸びるか伸びないかは、もちろん誰にも分かりません!むしろここで、絶対伸びるというのは、詐欺の可能性が高いです。

そのため、ここでは本音ベースで言うと、伸びる可能性は高いとしか言えません。

ただ、上記の章までに記載した通り、以下の事から

「宣伝能力」
「インフラ整備状況」
「OFWへの対応策」
「ノアファウンデーション(Noah foundation)の体制」
「日本企業のバックアップ体制」

ノアコインを本気で流通させようとする人たちの思いが非常に詰まった仮想通貨であることは分かっていただけたのではないでしょうか?

これだけで、投資する価値はあるでしょうが、もし、本物の仮想通貨とみんなが認識すれば以下の様に価値が急騰する可能性もあります。

●ビットコイン(Bitcoin): 2009年から4年間で120万倍
●イーサリアム(Ethereum): 公開から10ヵ月で60倍
●モネロ(Monero): 公開から9ヵ月で24倍
●ファクトム(Factom): 公開から5ヵ月で17倍
●オーガー(Augur): 公開から1年半で20倍
●ネム(nem): 公開から6ヵ月で30倍

もうびっくりですよね!!

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック
Sponsored Link

ノアコインの購入方法は!?

ここまでの情報で、ノアコインに興味が出てきた方も多いと思います。もうすでに第1期プレセールは終了していますが(2017/3/19終了)、まだ市場公開前のプレセールは残っています。

再度、プレセールの状況は、以下の画像で確認ください。

これで、分かる通り市場公開まで、まだ時間があります。
もし、興味がある方がいれば、以下URLからまずe-mail addressを登録し、その後登録したe-mail addressに必要情報を登録するサイトの連絡がありますので、興味があれば是非購入して見てください。

URL: (メールアドレス登録用)
https://noahcoin.co/signup?parameter=2dfe30dfe069d0e08132a12ecb64eccc

さいごに

私自身もノアコインを保有していますが、最終的には、投資は自己責任です。ただ、今回のノアコインのこれだけの情報を把握しておけば、少し不安も解消し投資できるのではないでしょうか?

是非、皆さんでいろんな情報を交換し、適切な判断をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

コメントを残す