仮想通貨イーサリアムとは?今後の予想!価値は伸びる??

仮想通貨法が施行された2017年は、仮想通貨元年となる可能性があります。現在は基軸となる仮想通貨は、ビットコインです。

そのビットコインや仮想通貨の基礎となる情報を右記リンクに記載しておりますので、ぜひ参照ください。(リンク
すでに、仮想通貨の基礎については上記に記載していますので、ここではビットコインに次ぐ総資産を持つイーサリアム(2017年7月付 総資産第2位)自体について、そして、イーサリアムの今後の予想の記事を記載したいと思います。

イーサリアムとは??


まず、仮想通貨とは何か?という方は右記リンクを読んで、仮想通貨の基礎について理解してください。

そして、仮想通貨の基礎を理解した上で、イーサリアム(Ethereum)についてですが、イーサリアムは、仮想通貨の名前ではなく

イーサリアムプロジェクト

が作成したアプリケーションやソフトウェアなどの

プラットフォームの総称です。

仮想通貨の名称としては

「ETHER(イーサー:ETH)」になります。

ただ、プロジェクトの名前であるイーサリアムの方が先行して広まってしまい、仮想通貨の事もイーサリアムと呼ぶ人が現在多くなってきました。

イーサリアムとビットコインの違いは??

イーサリアムも仮想通貨の一つであるため、仮想通貨の基礎のところで記載した通り、ブロックチェーンを使い、通貨の取引の管理を実施しております。

また、ビットコイン同様に中央管理ではなく、分散管理システムを用いており、各取引情報は、分散管理された端末により管理されるシステム構成となっています。

ここで疑問なのが、ビットコインと同じブロックチェーンなのに、なぜイーサリアムが必要なのか?という事ですよね。

そこでイーサリアムとビットコインの違いを以下の通り挙げます。

(1) 時価総額が小規模
(2) スマートコントラクトという機能の付与
(3) プルーフ・オブ・ステーク(Proof of stake)の採用

詳細について以下にて説明します。

Sponsored Link

ビットコインとの違い(1): 時価総額が小規模

2017年5月段階で、ビットコインはイーサリムの時価総額の約3倍あり、規模としては、やはりビットコインが仮想通貨の第一人者であることが一目瞭然でわかります。
時価総額の違いとは、市場の需要の違いに直結するため、ビットコインとの違いの1つと言えます。

ビットコイン時価総額: 約28,000億円
イーサリアム時価総額: 約 9,640億円
※2017年5月付の情報

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

ただ、ビットコインは2009年に初めて発行されたのに対し、イーサリアムはまだまだ歴史が短く2014年に発行されました。

そう考えると、イーサリアムの時価総額規模は、ビットコインよりまだまだ小規模ではありますが、順調に伸びている事が分かります。そのため、ビットコインとの違いとして記載していますが、そこまで気にする様な違いではないという事が言えると思います。

ビットコインとの違い(2) スマートコントラクトという機能の付与

イーサリアムも仮想通貨の基礎(リンク)で紹介した通り、ブロックチェーンという技術を採用しています。

イーサリアムでは、イーサリアム・ネットワークと呼ばれるイーサリアムの取引履歴を記録するネットワークが存在し、そのネットワーク上にブロックチェーンの技術を使い、

「いつ」・「誰が」・「何枚仮想通貨を使用したか」がわかる様になっています。

ただ、これでは、今までのビットコインと同じです。

そこで、イーサリアムに付加された新機能としてスマートコントラクトは、「何を購入したか」という、「契約情報」がわかる様になりました。

ちなみに、このスマートコントラクトという機能は、時価総額の座を争っているリップル(Ripple)にはありません。
リップルも、スマートコントラクトの採用を考えましたが、もともとリップルの市場は金融関係であり、「何を購入したか」という情報は必要ないからです。

これは、企業特に製造メーカにとって、購入履歴を管理する上で、とても便利なツールです。

従って、上記のスマートコントラクトの機能の有無から、イーサリアムは「企業向け(製造メーカ向け)」、リップルは「金融向け」と言われている所以になっています。

Sponsored Link

ビットコインとの違い(3) プルーフ・オブ・ステーク(Proof of stake)の採用

ビットコインは、Proof of Workというシステムを採用しています。これは、日本語でいうと「仕事の証明」という事を意味します。

簡単にいうと、コンピュータの計算能力を競い、最も早く暗号を解けた人(PC)に新しく生成されたビットコインを与えるという仕組みです。

一方、イーサリアムはProof of Stake(POS)というシステムを採用しています。
これは、自分が持っているコインの量(全体のイーサリアムの供給量に対する割合)に応じて、簡単なコンピュータソフトを回す事でコインを得られる仕組みとなっている。

従い、PCの計算能力だけでなく、すでにどれだけのコインを保有しているかがコイン生成(マイニング)の鍵となります。

さらに、イーサリアム採用のPOSはビットコイン採用のPOWの問題点である以下を解決できました。

・ 計算のために大量の電力が必要となる。
・ 計算の中央化(数カ国化)が進んでいる。
・ 承認作業の10分程度かかる

これは、今後イーサリアムが流通するために、とても重要な改善点です!!

この改善内容からビットコインと差別化するために、ビットコインをBitcoin 1.0と呼び、ビットコインの問題点を改善した仮想通貨(正式:暗号通貨)をBitcoin2.0と呼んでいます。

Sponsored Link

今後の価値は伸びる??

今後イーサリアムの価値はどうなるのか?という事ですが、イーサリアムは、ビットコインの問題点を解消して発表された仮想通貨です。さらに、すでに市場第2位(5/14付 市場第3位)のポジションを奪取しています。

また、以下図の通り、現在も継続的に成長していることから、今後も伸びる可能性が高いことは容易に分かります。
ただ、必ず価値が向上するというわけではないため、その点はご了承ください。

まだまだ基軸となる仮想通貨は、現状ビットコインですが、世間一般的に仮想通貨が、より多く流通した場合、承認作業10分程度というウィークポイントのあるビットコインよりもイーサリアムの方が使用し易く、流通する可能性が高いかもしれません。

イーサリアム・ニュース

イーサリアムの最新ニュースについて、以下で紹介していますので、リンクを参照ください。

海外のイーサリアム・ニュース

イーサリアムの市場は、もちろん日本だけではありません。従い、海外の最新ニュースについて、以下のようなニュースがありますので、是非ご一読ください。

イーサリアムの価値推移に関するニュース

イーサリアムの価値が急騰したり、暴落したりすることが今までありました。
全てではありませんが、それなりに理由がありましたので、急騰したり、暴落していましたので、そのニュースについて、是非ご一読ください。

さいごに

時価総額の違いは、需要の違いと同じと記載した通りです。今後の予想として、需要を伸ばすには、インフラの整備と広告の発信が必要となります。

やはり仮想通貨というのは、詐欺が多いというイメージがあるため、このダークなイメージをインフラ整備と広告を用い払拭する事で、一気に流通するかもしれません。

そのためにも、しっかりその価値を見極め、購入する必要があります。ぜひ一度ご検討してみてはどうでしょうか??

最後まで購読ありがとうございました。

補足:今すぐ仮想通貨投資を始めたい方へ!!

まだ仮想通貨を保有されていない方は、ぜひ以下リンクから取引所のアカウントを作成することをお勧めします。
アカウント作りは無料ですから、ぜひそこから始めてはいかがでしょうか?

・仮想通貨のアカウント作成 → クリック

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加

コメントを残す