税金もビットコインで支払い可能に??米国ジョージア州で法案成立!?

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

仮想通貨は、次世代の通貨と成り得る可能性を秘めた通貨として2018年非常に注目を浴びています。

また、世界中の人とボーダレスにビジネスを展開するためにも、とても有効的なツールの1つでもあります。

そんな仮想通貨の税収について、新たな動きがありましたので紹介します。

Sponsored Link

税金もビットコインで支払い可能に??
アメリカ ジョージア州で法案成立!?

アメリカ合衆国のジョージア州では税金をビットコインやアルトコインで支払い可能にするための法案を2月21日に提出しました。

その法案では、P2P(個人間送金)システムを使用する

ビットコインやその他の仮想通貨を税金およびライセンス料の正規の支払い方法として受け入れるものとすると記載されています。

また、ビットコインで税金を受け取った州の公務員は、

その仮想通貨を24時間以内にドルに換算し、納税者の支払いを記録するようです。

もし、これが法案として実現すれば、まさに法定通貨と仮想通貨の境目がなくなり、大きなインパクトのある法案となりそうですね。

Sponsored Link

さいごに

現在仮想通貨の価格は毎秒変化しており、その変化をどの程度役所にて対応するのか、その点がまだ不透明であり、

この法案がどうなるか、なんとも言えない状況かと思います。

加えて、今回の税収を仮想通貨で支払うとなると、法定通貨により得られた報酬を仮想通貨により支払うというシステムになり、

仮想通貨により得られた収益は、どのように計算されるのかも、不透明ですね。

いずれにせよ、この辺をしっかり整備して行けば、面白い法案になる可能性を秘めているのではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

⚠注目⚠

ちなみに、みなさん各取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)で取引手数料が違うという事は知っていますか?

せっかく投資する手数料を無駄に捨てていてはもったいないです。

国内であれば、Zaifという取引所が格別に安いですし、金融庁からの認可も受けています!!

あのCoincheckは金融庁からの認可はおりていません。

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Zaif:    -0.01%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、世界最大の取引所で、安全な海外取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、bitFlyerでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ Zaif 作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link