ビットコインの暴落の可能性(今後)は?米決算大手のStripe社がビットコイン決済を中止!?

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2018年に入り、仮想通貨市場のトップ争いの激化が予想されますが、

現在1位のビットコインの値動きに影響を与える可能性があるニュースがありましたので、紹介します。

ビットコインの下落により、他の通貨が高騰する可能性もあり、市場の動向をモニタリングする必要がありますね。

Sponsored Link

ビットコインの暴落の可能性(今後)は?
米決算大手のStripe社がビットコイン決済を中止!?

米決算大手のStripe社がビットコインを使った決算サポートサービスを2018年4月28日付で取りやめする事をStripe社のサイトやブログ、ツイッター上で発表しました。

その理由としては、以下のような理由が挙げられています。

❶ 価格変動があまりにも大きい。
❷ 適切な送金手数料を設定できない。
❸ 取引履歴の確認に時間がかかりすぎる。

上記理由から、ストライプ社として円滑な決算サービスの提供が難しいと判断したようです。

Sponsored Link

ビットコイン市場に与える影響は??

ストライプ(Stripe)という企業は、米国内でネットやアプリなどのオンライン購入者の約40%が利用する一大企業です。

さらに、2017年7月10日に中国のAlipayとWeChat Payとグローバルパートナーシップを締結しています。

従い、世界的にもストライプ社が多くのシェアーを持っている事が分かると思います。

ストライプ社としての目的は、あくまでも簡単に、安い手数料で、取引できるツール(道具)が必要であり、

ビットコインのように価格変動が大きく、手数料が高く、送金問題を抱えている通貨を利用した決算サポートはできないと判断したのでしょう。

従い、今回のストライプ社の判断が、ビットコインの価値に影響を与える可能性はありますね。

加えて、投資家が他の通貨に移行する可能性もあり、他の仮想通貨への影響もありそうですね。

Sponsored Link

さいごに

2017年の年末から2018年の年始にかけての仮想通貨市場の値上がり、値下がりは、非常に大きく、

あくまで決算サポートとして使用する場合は、なかなか利用が難しいと思うのは、納得です。

また、AlipayやWeChat Payとの業務提携により、中国のマーケットも既にストライプ社として確保しており、

現段階でわざわざビットコイン決済によるマーケットの拡大が望めない以上

ビットコイン決済を利用する必要はないと考えたのでしょう。

しかし、今後東南アジアやヨーロッパでリップルやイーサリアムがマーケットを伸ばした場合、

そのマーケットを狙い、ストライプ社がリップルやイーサリアムの決済を利用する可能性があります。

従い、やはり各通貨のマーケットがどこを狙い、どのように成長しているのかを見極めて行く必要がありますね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

注目

ちなみに、みなさん国内の取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)は取引手数料が高いという事は知っていますか?

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、安全な取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨を購入する事がでいます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からアカウント作成と送金をトライしてみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

2 件のコメント