SBIホールディングスが動き出す!!仮想通貨市場を突っ走る準備順調!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

SBIホールディングスが動き出す!!仮想通貨市場を突っ走る準備順調!!

SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、

デジタルアセット関連ベンチャー企業などへの投資を行うSBIクリプトインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:北尾 吉孝)は、

2018年7月19日に、風力発電による電力を活用した

データセンター運営を米国で行うLancium Technologies Corporation(本社:カナダ、代表者:Michael McNamara、以下「Lancium社」)へ

出資いたしましたと自社のHPで発表しました。

今後のSBIの動向はどうなる?

今回の出資により、

SBIグループによるLancium社への出資比率は30%になります。

Lancium社は、米国テキサス州で主に事業を展開しており、

テキサス州ではCompetitive Renewable Energy Zone(CREZ)が2008年に策定され、これに基づいて大規模な風力発電所と送電網の開発プロジェクトが推進されてきました。

その結果、集合型風力発電所が多数存在しており、その風力発電設備の出力値はおよそ21ギガワットで、全米50州の中で最も高い値です※。

Lancium社は、こうした風力発電所から余剰電力を買取り、

Lancium社の運営するデータセンターへ供給し、独自のモジュールを運営しています。

企業は、同社のモジュールを通じて、クリーンエネルギーを用いた仮想通貨マイニングを行うことが可能です。

SBIグループは、ビットコインキャッシュ(BCH)を中心としたマイニングを推進しており、

この取り組みを今後さらに加速させるうえで、Lancium社との連携を推進していく予定のようです。

SBIグループではデジタルアセットを基盤とする生態系の構築に向けて、

デジタルアセット関連ベンチャー企業への出資・提携を拡大していく予定とのことです。

Sponsored Link

さいごに

SBIは、引き続き高い技術力を有するデジタルアセット関連ベンチャー企業への

出資・提携に注力するとともに、

SBIグループ内の既存のデジタルアセット関連各社とのシナジー追求を図っていくと自社のHPに記載しています。

今回のニュースは、期待のベンチャー企業へ出資し、その出資金の回収として、

マイニング報酬で回収しようとしているようですね。

風力発電所は、もともと遠隔監視をし、風や各風車のデータ管理が非常に重要になってくる発電所です。

電力の供給過多や供給過少になる可能性があり、

電力供給過少の時は、文字通り電力供給が少ないので、大停電になる可能性を秘めています。

また、電力供給過多の場合は、送電網へ必要以上の電力を供給してしまうため、

送電網の周波数を乱してしまう原因となります。

そうなると、工場や発電所でもともと60Hz仕様で使用しているモータなどの重要機器へ大きな影響を与えてしまい、

これもまた悩ましい問題です。

その送電量の調整用として、マイニング機器を使用し、例え送電しなくても、マイニングでお金を稼ぐという

素晴らしい発想ですね!!

今後は、特にクリーンエネルギーにはこのような仕様が求められてきそうですね。

やはり、北尾会長という強力なリーダの元、仮想通貨市場を駆け抜けようとしている事が

今回のニュースでも分かるのではないでしょうか?

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

Sponsored Link

また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

 

Sponsored Link