国内の仮想通貨案件(ICO)とは?SBIホールディングスが新規仮想通貨公開を本格開始??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

SBIホールディングスといえば、現在の金融市場と、仮想通貨の技術によるコラボレーションを推し進めている第一人者です。

常に、株主への説明資料でわかりやすい資料を用いて、SBIホールディングスが考えている仮想通貨と金融市場のコラボレーションを説明していました。

そんな中、SBIホールディングスが、ビックニュースを発表していましたので、紹介します。

Sponsored Link

SBIホールディングスが新規仮想通貨公開(ICO)を本格開始??

SBIホールディングスは、仮想通貨を使った資金調達である、新規仮想通貨公開(ICO)を国内最大級とみられる500億円規模を実施することが発表されました。

以下は、SBIホールディングスの北尾会長と、Yahooニュースが発表しているツイッターです。

SBIホールディングスが、発表するというだけで、非常に興味深いニュースではないでしょうか。

SBIホールディングスのICOを支える体制は??

SBIホールディングスは、仮想通貨関連事業というものをすでに集約化しており、効率的な事業運営の体制を整えています。

それは、以下に示す図の通りです。

やはり、各事業が細分化されており、今回検討しているICO案件は、SBI Capital BaseとSBI Wirex Asiaというところが主体となり、市場開拓、通貨の構築を含めて対応していく事になるでしょう。

Sponsored Link

ICO案件の市場とは??

今回の500億円規模のICO案件が、以前SBIホールディングスが自社のブログで発表していた

Sコインという通貨であるとすれば、

ターゲットは、よくお店で買い物をする層になりそうですね。

もう少し細かく言えば、通常の買い物をする主婦の方々が利用する通貨になりそうです。

従い、市場としては、国内ではビットコインと競合する事になりそうですが、

地方自治体への市場開拓が上手なSBIホールディングスが本腰を入れれば、Sコインが大きく市場を拡大する可能性はありますね。

ちなみに、Sコインとは、2017年9月28日にSBIホールディングスのサイトで発表されたもので、

目標とする市場をサイト内で以下の通り明記しています。

当社(SBIホールディングス)の決済用プラットフォーム「Sコインプラットフォーム」(以下「本プラットフォーム」)では、仮想通貨や前払式支払手段の電子マネー等、様々な電子通貨を発行し決済に利用することが可能となっており、当社が発行する「Sコイン」や地方自治体・事業会社・地域金融機関などが発行する独自のコイン(トークン・地域通貨)を用いて、スマートフォンを用いた簡易な決済手段を提供していきます。

出典元:
http://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen171026.pdf

上記図からも分かる通り、今後地方自治体が発行するコインも今後出てくれば、SBIが提供するプラットフォーム上で、Sコインと交換して利用することも出来る可能性もあります。

これにより、利用箇所が大きく拡大する可能性があります。

従い、まだまだ未知の段階ではありますが、SBIホールディングスが検討している構想が実現すれば、

このSコインというのは、注目の通貨になる可能性がありますね。

Sponsored Link

さいごに

ICO案件は、詐欺案件も多いことは事実ですが、

市場とバックアップ体制をしっかり見極めることで、大きく価値を高騰させる可能性もあり、興味深い投機案件です。

今回のSBIホールディングスが発表したICO案件での500億円調達は、Yahooニュースでも取り上げられるほど、大規模なニュースであり、

ICOが始まれば、即座に完売という可能性もあります。

従い、自身で可能性をしっかり見極め、投資していきたいです。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

⚠注目⚠

ちなみに、みなさん各取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)で取引手数料が違うという事は知っていますか?

せっかく投資する手数料を無駄に捨てていてはもったいないです。

国内であれば、Zaifという取引所が格別に安いですし、金融庁からの認可も受けています!!

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Zaif:    -0.01%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、安全な取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、bitFlyerでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ Zaif 作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

1 個のコメント