韓国の仮想通貨市場を再度盛り上げられるか?リップルのSVPが規制緩和を唱える!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

韓国の仮想通貨市場を再度盛り上げられるか?
リップルのSVPが規制緩和を唱える!

Sponsored Link

Ripple(リップル)社のSVP(シニア・ヴァイス・プレジデント)であるEric van Miltenburg氏は、

韓国の仮想通貨の法案に対して、規制緩和の必要性を訴えていました。

Sponsored Link

仮想通貨が韓国をどう変えるのか?

Eric氏は韓国の英字紙コリア・タイムズと電話チャットをし、

新興のデジタル通貨景気が同国を世界の経済大国に推進させる可能性があるという独自の見解を述べています。

そのためには成長を抑えずに市場を促進させる必要があると語り、規制についても以下のような見解を述べた。

私達は、規制とは革新を禁止したり、または盗んだりするようなものではなく、変化し、消費者を守るようなものであるべきだと考えております。

韓国は2017年9月に、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)を全面的に禁止しており、

当時中国の厳しい規制とも重なり市場にも大きく懸念材料となりました。

Eric氏によると、このように新しいテクノロジーの否定的側面にのみ焦点を当て、規制によって市場を制限する国は韓国だけではない事について、

過去のインターネット革命の時と重ねて以下の通りコメントをしています。

(韓国と)似たような動きを他の国々でも多く見てきました。

昔、インターネットが誕生した初期段階の頃も、まずは何が良くて何が悪いかを把握するまでシャットダウンするべきだ、と否定的な側面だけを見ている人が多くいたものです。

Sponsored Link

さいごに

実際に、ICOを韓国で禁止していますが、

結局は、企業は韓国以外のICOを推奨してくれるスイスやシンガポール、エストニアといった国でICOを立ち上げ全世界に発信しています。

逆に韓国としては、規制することで、新しい技術の導入に遅れをとってしまう可能性が高いわけです。

そのことに気づいている役人達もいるため、ICO禁止措置を取り消すための動きが議会で見られるようにもなっているようです。

加えて、今回の発言をした事が、まずリップル社のSVPである事も非常に重要です。

韓国はリップル熱が非常に強く、世界で最もリップルの取引をしている国です。

従い、この発言をきっかけに、ICOが解禁になれば、韓国のリップル信者の熱がさらに高まります、高騰する可能性もあるのではないでしょうか。

2018年6月には、韓国最高裁がビットコインを合法的に資産であると認めたことあり、

隣国の動きには今後も注目する必要がありそうですね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。
また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link