リップルの相場は今後どうなる??MoneyGramとの業務提携発表か!?

SBIホールディングスの北尾会長が一押しの仮想通貨(正式:暗号通貨)であるリップルですが、

2017年から2018年にかけて大きく価値を高騰させており、2018年どこまで飛躍するのか注目されています。

そんなリップルの高騰が期待できるニュースがありましたので、紹介します。

Sponsored Link

リップルの相場は今後どうなる??
MoneyGramとの業務提携発表か!?

1851年から正確かつ迅速なニュースという信念の元、経済ニュースを発信しているロイター通信社ですが、なんとロイター通信社が、

MoneyGram社とリップルが業務提携を行うというニュースが発信されていました。

この両者間の契約の一環として、MoneyGram社は、リップルの仮想通貨(正式:暗号通貨)を使用して、テストをし、

迅速かつ安価な送金方法を構築しようとしています。

Sponsored Link

MoneyGram社とリップルの業務提携による影響度は??

MoneyGram社、米国の国際送金サービス企業で、

世界200カ国以上と地域に約35万拠点の取引点ネットワークを構築している

大手国際送金サービス企業です。

さらに、あの中国のグーグルと言われているアリババが買収しようとした国際送金サービス企業というのがMoneyGram社です。(*1)

その買収に関しては、米国政府により、買収を差し止められましたが、それくらい世界で注目されている企業という事が分かります。

(*1) 以下ツイッターがMoneyGram社がアリババから買収されそうになったニュースです。

アリババは、MoneyGram社を買収できなかったものの、まだ継続的にMoneyGram社と仕事をしていきたいと言っていますので、

結果として、間接的にアリババがリップルを使用するという構図が成り立ちますね。

加えて、最近噂されていたアリババがリップルを採用するのかという情報に関しても、可能性が高くなってきているのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

リップルは年末に急騰し、年始に下落していますが、短期的に見ると確かに2017年年末に急騰し過ぎたところもあるため、

年始での下落は、仕方ないでしょう。

金融業界用語に、「掉尾の一振(とうびのいっしん)」という用語があるくらい、

年末は投資商品に対して、駆け込み需要がある事は、この世界ではよくある事のようです。

従い、その反発で暴落という事も想定内の出来事ではないでしょうか。

しかし、リップルの本質を見極めると、すでに金融ネットワークというインフラ整備は、他の通貨よりも進んでおり、

加えて、続々とリップルの金融ネットワークへの参画表明が続いています。

この状況から、やはり2018年非常に楽しみな通貨の1つと言えるのではないでしょうか。

また、今回のMoneyGramと影に隠れたアリババとの関係性から見ても、非常に興味深いニュースかと思います。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

注目

ちなみに、もう遅いし、よく分からないから仮想通貨(正式:暗号通貨)投資をやめておこうという読者の方がいましたら、

ちょっと待ってください!!

本当に良いのですか??

2018年はリップル(XRP)の年になるかもしれません!!

すでに、世界の有名アナリストの予想を超えるスピードで高騰しています!!

みなさんの周りを見渡してみてください。

投資している方はいますか?

少ないか、いないのではないでしょうか?

株の様にたくさんの資金を投資する必要はありません!

小遣い程度でも十分です!

もし、不安等があれば、LINEの友達追加していただければ、私の分かる範囲で、ご教示します。

おそらく、私は、みなさんに凄く近い立場であり、サラリーマンと副業でネットビジネスをやっています。

不安な気持ちも分かりますが、今のまま立ち止まっていても、未来は変わりません。

仮想通貨取引用のアカウントの作成は無料です。まずそこから始めてはいかがでしょうか?

以下リンクに、アカウントの作り方を載せています!!
ぜひ参照ください!!

↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼