リップルの高騰はあり得るのか?国際中央銀行サミットでの反応は??

仮想通貨(正式:暗号通貨)市場で上位のリップルですが、なかなか高騰せず、ヤキモキしている投資家も多いのではないでしょうか。

そんな中、ニューヨークで開催された中央銀行サミットの内容が英文でありましたので、紹介します。

Sponsored Link

リップルの高騰につながる?
世界の20の中央銀行が集結

リップル社は、新技術により、次世代の決算手段をどの様にするべきか、探るために、

世界の代表的な20の中央銀行を集め協議をしました。

そのサミットへは、中央銀行の上層部や、実際に支払いを行うための前線にいる担当者が集まっていました。

このサミットの開催にあたり、リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏は、以下の通りコメントしています。

このサミットでは、現在の各国の支払い状況・方法の展開をするための場所を与えています。

例えば、各国の国内でのトライアルであったり、リップルのクロスボーダ(国境を越える)ネットワークの成長や

システムを超えた情報交換などです。

これは、まさにインターネット始まりの様なものであり、決算手段をインターネットと同じ様に簡単にする様に、時代が動いています。

この活動により、国際中央銀行同士の繋がりや、現在の悩み、解決策が共有されていると思います。

加えて、その対策の1つとしてリップル社が挙げられているため、リップル社の高騰要因の1つになりそうですね。

Sponsored Link

リップルの高騰につながる?
国際通貨基金(IMF)もコメント

このサミットでは、FinTech(Financial Technology)が銀行市場の構造を変える可能性について、国際通貨基金(IMF)が冒頭で以下内容をコメントしています。

国際通貨基金(IMF)は各国の中央銀行が既に、国内取引にブロックチェーンを使用したシステムの再構築を実験している事について、

今後の決算手段が、徐々にインターネットやメールの様に簡単になっていくためには必要な手段であり、重要であると語っています。

最終的に、現在の銀行市場における問題の解決策は、国によっても大きく異なる場合があり、

この実現のために、既存の集中管理型か、分散管理型にするのか検討する必要がある。

やはり、国際通貨基金としても、現在の問題点については、把握しており、FinTechを取り入れる必要があると感じていますね。

さらに、現在の仮想通貨(正式:暗号通貨)の脅威を抑えるために、その助けを仮想通貨(正式:暗号通貨)の1つである

リップルに求めているという状況です。

Sponsored Link

さいごに

国際通貨基金も含め、多くの中央銀行が、リップルにサポートを求める理由は、100を超える金融機関のネットワークを構築しており、

このネットワークの巨大さは、各金融機関にとって、とても魅力的ですよね。

従い、国際通貨基金が、この巨大なネットワークを持つリップルにサポートを求めるのも、理解できます。

この拡大が広がれば、リップルの価値の高騰につながる可能性は高いと思います。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

コメントを残す