リップルが市場拡大に積極的!!リップルが大学に寄付!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

リップルが市場拡大に積極的!!リップルが大学に寄付!!

リップルが世界の17の大学に対して、合計5,000万ドル(約54億円)を

寄付したと2018年6月4日にRipple Insightsが報じました。

Sponsored Link

リップルの寄付の内容とは??

リップルはUniversity Blockchain Research Initiative、日本語でいうと

大学ブロックチェーン研究戦略というプロジェクトというものを発表し、

このプロジェクトにより大学と共同でブロックチェーン研究や仮想通貨関連の

カリキュラムを組むことができ、このプロジェクトのために5,000万ドルをリップルは寄付しました。

この寄付により、まず教育機関へのリップルとしての認知度は一気に広がっていくでしょう。

また、次世代の技術を研究する大学機関と一緒に新しいブロックチェーン技術を検討することもでき、

リップルとしての次世代の投資にも繋がります。

従い、寄付という名の投資としては素晴らしい選択肢ではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

ユダヤの教えの中に、常に周りに無償で知恵や情報を提供し、

その提供することから、信頼が生まれ、新しい市場の開拓へとつながると言われています。

今回のリップルのニュースもまさに、それに近いものがあり、

無償で、大学機関への寄付(投資)を行い、リップルへの信頼と知名度の向上に繋がります。

そして、その信頼度から、新しい市場の開拓に繋がり、市場を大きくする事ができます。

リップルは、先日の動物保護団体への寄付や今回の教育機関への寄付など、他の通貨が見せない市場拡大方法を示しており、

今後に期待できるのではないかと個人的に思います。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

 

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

関連ニュース

リップル(XRP)価格への起爆剤となるか??
SBIが仮想通貨取引サービス開始!!

SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、

仮想通貨の取引サービスを提供するSBIバーチャル・カレンシーズ(株)は

金融庁からの認可を受け、満を持して2018年6月4日から仮想通貨の現物取引サービス

「VCTRADE」の提供を開始した事を、自社のブログで発表しました。

仮想通貨交換業登録番号:関東財務局長 第00005号

仮想通貨市場への影響は??

まず、SBIバーチャル・カレンシーズでは、

リップル(XRP)を取り扱い、順次、ビットコイン、ビットコインキャッシュへと

取り扱い通貨を拡大して行くということです。

また、SBIを取り仕切る北尾社長は、以前メディアへコメントとして

スプレッド(手数料)革命を起こすと語っています。

これは、現在の多くの取引所が手数料をとって儲けている事に対し、

SBIはそこに革命を起こし、国内取引所No.1になると語っています。

また、既にSBIは2万人以上の登録応募者がおり、その方々が6月4日のサービス開始対象者という事です。

そして、一般の取引開始が2018年7月という事ですので、その辺りでまた値動きがあるかもしれないですね。

Sponsored Link

1 個のコメント