リップルの今後3年はどうなる??中国銀行がリップルを活用する??

Sponsored Link

2018年に入っても、リップルと金融企業との業務提携のニュースが続いています。

そんな中、さらなるビックニュースが発信されていましたので、紹介します。

Sponsored Link

リップルの今後3年はどうなる??中国銀行がリップルを活用する??

Bank of China(中国銀行)が、金融企業を市場としているリップル(XRP)を送金のソリューションとして活用予定であると発表しました。

中国銀行は、他のメガバンク同様に、リップルの送金スピードの速さと国際送金の技術に注目し、

リップルを活用した国際送金の実現を目指している様です。

Sponsored Link

中国銀行のリップル活用による影響度は??

まず、中国は、現在仮想通貨(正式:暗号通貨)の取引を停止しており、その規制強化も計画されています。

しかし、今回の中国銀行のリップル活用は、一般投資家(ユーザ)に対して、仮想通貨を提供するものではなく、あくまで送金技術として活用するものですので、規制の対象外と中国も捉えているのでしょう。

次に、中国銀行は、中国第3の商業銀行であり、

なんと総資産が、16兆8156億人民元(約 289兆円)という超大手銀行であり、

世界でも、2016年に第5位にランキングされている銀行になります。

従い、その影響度は、この数値を見るだけで、かなり大きいという事が分かるのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

2018年1月26日に、リップルのCEOがカンファレンスで少し口を滑らせた新たな協業パートナー(銀行)について、

地球上で最も巨大な銀行の1つがリップルを使いたがっているというコメントがありました。(以下ツイッター参照)

それが、どの銀行なのか、明確ではありませんが、それくらいリップルの可能性の大きさは、金融企業にとって、非常に魅力的であり、多くの可能性を秘めている通貨だという事が言えると思います。

従い、今後もこの様なニュースが発信される可能性が高く、目が離せませんね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

 

注目

ちなみに、みなさん国内の取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)は取引手数料が高いという事は知っていますか?

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、安全な取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、Coincheckでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ Coincheck作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼