リップルのインフラ整備が拡大中!英国スタートアップ企業も参加!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

リップルのインフラ整備が拡大中!
英スタートアップ企業も参加!!

イギリスのスタートアップ企業のRevolut社は、

世界中のすべての通貨での買い物や送金を簡単にしようとしており、

世界中にRevolutユーザは20万人以上(2016年7月時点)おり、

日々1500人程度、ユーザが追加されています。

そんなRevolut社は、法定通貨以外の通貨である

仮想通貨のリップル(XRP)とビットコインキャッシュ (BCH)を採用することを発表しました。

Sponsored Link

Revolut社のリップル採用による影響は??

Revoluts社は前章に記載した通り世界中で利用可能なように、

25種類の法定通貨でサービスが可能であり、ユーザ数も日々増加中です。

同様のニュースとして、以前Upholdという、世界中で利用されているアメリカのオンライン金融サービスでもリップルが利用可能となりました。

Upholdは2015年から合計30億ドル(約3,276億円)の取引実績があります。

Upholdは、法定通貨としても、アジア、中東、北アメリカなど

計23カ国の法定通貨から仮想通貨への換金が可能です。

これが発表された2018年3月30日以降、リップル価格は上昇に向かったことから、

今回の発表でも同様に、上昇に向かう可能性があるのでは無いでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

リップルは、常に市場拡大を続けており、

本来の目的である送金をより簡単にするという目的のために日々

市場拡大を続けています。

UpholdやRevolutも同様の目的でプラットフォームを構築しており、

非常に楽しみですね。

また、以下のような市場拡大方法で、リップルは非常にアメリカで話題沸騰中です。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。
また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

 

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link