ノアコインの最新情報!!SCI(Satoshi Citadel Industries)との業務提携!!

ノアコインについて、世間では詐欺として、よくネット上に露出しています。

そんなノアコインについて、新しいニュースが出ましたので紹介します。

Sponsored Link

ノアコインの市場について

ノアコインの市場については、新しいニュースではありませんが、メディアの露出が増えるにつれ、元々の目的がブレ、異なる点に注目されて来ているため、再度押さえておく必要があります。

ここがブレると、ターゲットがぶれてしまい、ビジネスとして成り立たなくなるので、一番ポイントになるかと思います。

ノアコインの市場は、あくまでフィリピンの出稼ぎ労働者に向けての通貨です。
いわゆるOFW(Oversea Filipino Worker)です。

彼らが現在海外から、フィリピンに送金している金額は、年間3兆円です。

さらに、毎年1500億円ずつ、この送金市場は拡大しているとも言われています。

これは、あくまで国際送金サービスを利用している人たちの送金金額であり、闇でフィリピン国内に送金されている金額は含まれていません。

詳細情報については、以下図を参照ください。

フィリピン人が闇で国際送金する理由として、皆さんご存知の通り、一般の金融機関を使用した場合、国際送金手数料は、約10〜12%を取られてしまうため、そういう送金サービスを使用せず、ダンボールの中に忍ばせて、送金する人たちも多いからです。

また、この送金手数料だけで、年間1500億円も各金融機関に払っています。

Sponsored Link

手数料が安いのであれば、ビットコインでもいいのでは??

おそらく、ここの読者の方であれば、すでに仮想通貨(正式:暗号通貨)について、ご存知の方も多いため、わざわざ、ノアコインを使用し、国際送金するのではなく、ビットコインを使用すればいいのでは??

と思う方も多いのではないでしょうか?

私もその一人でした。

そういった意味で、後から出て来たノアコインが通貨として根付くのは難しいのではないかと考えました。

しかし、ここに1つ盲点がありました。

コインチェックの開設を行う場合、新しく2017年4月1日より施行された仮想通貨法のKYC(Know Your Customer)という規律の元、取引所は、顧客の身元をしっかり管理する必要があります。

この身分証明が、OFWにとってハードルが高いというわけです。

もちろん、外国人登録証明書の提出でも開設可能とはなっていますが、但し書きで、

在留資格が、特別永住者又は永住者のものに限るとなっています。

今現在、日本にも多くのフィリピン人が労働していますし、私の会社の技術者の1人にもフィリピン人がいますが、彼らは大半が期間限定(約1〜2年間)のVISAで、日本に来ています。

従い、こういう人たちは、コインチェックでの口座開設は難しいということです。

そのため、ビットコインでの送金の前の、ビットコインの購入が難しいため、フィリピン人に根付かないというわけです。

もちろん、奥の手で海外取引所なら出来るだろ!!

という声が聞こえて来そうですが、その場合、海外の銀行口座にお金を送金する必要があります。

その時点で、海外送金になってしまい、手数料が発生するので、もともとの目的である、送金手数料を安く抑えたいという目的から外れてしまいますね。

Sponsored Link

ノアコインで本当にこの問題が解消されるのか??

ノアコインは右記の記事(リンク:10章参照)でも紹介した通り、Fintech(Financial Technology)で有名なNIPPON PAYと業務提携することを発表しました。

そして、今回フィリピンで有名なSCI(Satochi Citadel Industries)と業務提携の契約締結したことを発表しました!!

このSCIは名前でピンとくる人もいると思いますが、ビットコインのブロックチェーン技術を用いスマホでの決済の展開を得意とする企業です。

さらには、2015年にBuybitcoin.phというフィリピンで初めてのビットコイン取引所を買収し、取引業務も行うようになり、名実ともにビットコインの技術とサービスを取り扱うフィリピンでの大手企業となっています。

このNIPPON PAYとSCIとノアコインの業務提携により、OFWでも手数料がほぼ無料で、送金可能となりました。

では、その詳細については以下の通りです。

ビットコインが出来ないことをどうやってノアコインで対応するの?

ビットコインは、OFWにとってコインチェック等の取引所での口座の開設に問題があるという事は前章で説明しました。

では、ノアコインがここを解消した方法とは、単純で、SCIでの口座開設であれば、フィリピン人なので母国フィリピンが対応するので簡単ですよね?

というのもSCIはフィリピンの大手取引所の1つだからです。

そして、前章で説明した通り、SCIはビットコインのブロックチェーン技術をベースに新しいウォレットやプラットフォームを作成しようとしています。

ここについて、NIPPON PAYとも業務提携を進めていますので、OFWは母国のフィリピンで口座を開設し、入金はNIPPON PAY加盟店(例:コンビニ、ファミレス)の各店舗から入金が可能ということです。

少し例えて話すと、SCIが作ったウォレットは取引所の機能も兼ね備えており、購入する際に、NIPPON PAYの加盟店での支払いを選択できるということです。

これにより、日本にいるOFWでも入金が可能になるということです。

以下がそのイメージ図です。

さいごに

ノアコインの市場は、まずはあくまでフィリピン出稼ぎ労働者の送金ですので、年間3兆円規模の市場ということになります。

これが大きいのか小さいのか?ということですが、以下が主要な市場の規模を示したものです。

従い、以下と比較した場合、3兆円規模の市場は決して小さいわけでもなく、それなりの市場規模があることは分かります。

ただ、これは全世界のフィリピン人出稼ぎ労働者がノアコインに参入した場合の市場規模ですので、ほとんど参入しなければ、意味がありません。

また、インフラ整備が日本とフィリピンのみでしか実施されなかった場合、市場は1500億円程度と大幅に縮小されます。

そういった意味で懸念材料は、まだまだ残されているといったところです。

■市場規模:
自動車関連          62.5兆円
建設業                 51.0兆円
医療                    40.8兆円
不動産                39.4兆円
アパレル              9.4兆円
ビットコイン      4.8兆円
タバコ                 3.9兆円
パチンコ             3.3兆円
化粧品                2.5兆円
ホテル業界         1.3兆円

他の懸念材料としては、SCIがウォレットやプラットフォームの製作を手がけるという事ですが、ビットコインからどのような改善を図っているかというところも、まだ不透明です。

例えば、毎秒のトランザクション数を拡張したのか?スマートコントラクトは取り入れたのか?等です。

また、日本とフィリピンでの市場拡大のヴィジョンは概要が掴めましたが、他国でどのように展開していくのかというところも、懸念点かと思います。

いずれにせよ、素晴らしいニュースには違いありませんが、まだまだ不明点も多く、詐欺ではなくても、市場公開後に価値が暴落する可能性もまだ秘めているといったところでしょうか。

やはり、ノアコインとして購入者に、その辺の技術的説明と今後の展開するためのヴィジョンを明確に説明しなければ、暴落という悪夢が待っている可能性もありますね。

従い、次回のニュースでは、その辺をぜひ明確にしていただきたいと思います。

これはあくまで個人的な見解ですので、ご了承ください。

最後までありがとうございました。

Sponsored Link

補足:仮想通貨関連ニュース

ノアコイン関連記事は以下のとおりです。

ビットコイン関連記事は以下のとおりです。

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加

コメントを残す