イーサリアムがプラットフォーム型通貨の基礎固めに入る!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

イーサリアムがプラットフォーム型通貨の基礎固めに入る!!

イーサリアムをサポートする団体であるEEA(Enterprise Ethereum Alliance)は

2018年5月16日に、イーサリアムブロックチェーンを使用する各企業に

相互運用性を実現するためのEnterprise Ethereum Client Specification 1.0をリリースしました。

Sponsored Link

この発表によるイーサリアムへの影響は?

まず、イーサリアムが他のアルトコインよりも強烈に強みがある1つの理由として

EEAと呼ばれるイーサリアムをサポートする団体の存在があります。

2017年3月には、JP MorganやSantanderが参加し、

日本で言えば、トヨタも参加しています。

そして、この団体が相互に運用するであろうツールというのを標準的に取り決めたというのが、今回の発表です。

製造メーカや医療メーカ、教育産業、金融企業がEEAには、参加しており、

それぞれに共通するニーズというのがあるため、

それに沿ったツールが出来上がれば、まさにプラットフォーム型の通貨としては、

さらに基盤固めができたと言えるのではないでしょうか。

また、今回の発表に対して、EEAの代表であるRon Resnick氏は、以下の通りコメントしています。

EEC Client Specification 1.0は、全経済圏に向けたものとなります。

相互運用性というものがなければ、影響力のあるビックプレーヤーは、ココに参加してこないでしょう。

なぜなら彼らは、特定のソリューションを製作するのに、特定のベンダーだけに縛られたくないからです。

相互運用性があれば、より多くなプレーヤーの参加も見込めます。

このコメントからわかる通り、今回の標準発表により、多くの企業や団体に刺さるプラットフォーム型通貨になる可能性は大きいのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

昨今、イーサリアムのスケラビリティ問題等で、

イーサリアムではなく、他のプラットフォーム型通貨が良いのではないか?という声もあります。

その考えは確かに間違いではなく、対抗馬というものがなければ、技術の進歩というものはありません。

ただ、イーサリアム自体もそう易々とプラットフォーム型通貨1位の座を譲ることはなく、

確実に進化しています。

Ron氏は、現在中国との提携も進めており、現在のEEAの加盟団体をさらに、倍増させる様に動いています。

その計画が順調に進めば、全世界でイーサリアムのプラットフォーム上でサービスが稼働するだろうと目論んでいます。

まさに、MicrosoftによりWindowsが普及した時の様に、

イーサリアムにより、新しい波が発生する可能性がありますね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。
また、副業等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

 

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link