ライトコインとは?ビットコインとの比較で特徴の理解!!今後推移も予想!!

2017年仮想通貨はメディアへの露出も増え、価値が向上し続けています。
そして、その基軸となる通貨が、現在は、ビットコインです。

従い、ここでは、ビットコインと比較しながら、「ライトコイン」という仮想通貨(正式:暗号通貨)の事を紹介したいと思います。

もし、ビットコインの理解度について、少し自信がない方は是非右記リンクを読んでから、以下を読む事をお勧めします。【リンク:ビットコインとは??】

Sponsored Link

ライトコインとは??

ライトコインについての認知度は、まだまだ低い可能性もありますので、知らないという方は、まず以下動画を参照ください。
少しイメージがつくかと思います。

また、ライトコインは、この1年間でも価値を約10倍以上を高騰させています。
詳細は、以下図を参照ください。これから、分かる様に、現在注目されている通貨の1つであると言えるでしょう。


緑線が、ライトコインのトレンド

ライトコインとビットコインの比較!!

まず、ライトコインとビットコインですが、通貨として非常に酷似しています。
それは、次章以降の各ポイントの違いを見ていけば分かると思います。

比較(1):ライトコインとビットコインの市場

ライトコインとビットコインは市場が、ほぼ同じで、一般ユーザ向けの決済用として用いられる事を想定し、生成されています。

ただ、ライトコインの2017年7月現在の問題点として、ビットコインと比べるとインフラの整備がまだまだ整備されていないため、ビットコインと比べるとその点で差がつけられてしまっているというのが現状です。

従い、まだまだ仮想通貨市場が下火の段階で、インフラ整備に力を入れていけば、ビットコインを脅かす存在になる可能性はあると思います。

比較(2):集中集権型か、分散管理型か??

トランザクション(取引)履歴について、現在銀行は、集中管理(一元管理)を行なっておりますが、ビットコインは分散管理を取り入れています。

この集中管理(一元管理)と分散管理のイメージ図は、以下の通りです。


転用元:https://japan.zdnet.com/article/35082424/

では、ライトコインはどの様な管理を行なっているかというと、ライトコインも「分散管理」を適用しています。

この分散管理の良い点は、全ノードが取引履歴を持っているため、改ざんしようとしても、なかなか難しいというか不可能という点です。

他にも、管理者の意図に左右されず、ユーザのニーズ(要望)に沿って通貨の根本が形成されていくという点です。

欠点としては、不具合があり、改修をしようとした場合に、システム的に時間がかかり、難しいという点です。

Sponsored Link

比較(3):マイニングの違いは??

マイニングの方法についても、ビットコインとの大きな違いはなくPoW(Proof of Work)を適用している点は同様です。

PoWが何という方は、右記リンクを参照ください。【リンク(2.5⑤参照):PoWとは?】

ただ、そのマイニングのアルゴリズムについて、多少の違いがあります。
まず、ビットコインは、SHA-256というアルゴリズムを用いており、PCのCPUで並行処理を行われることで、より加速度的に処理を実行することができます。

一方、アルトコインは、scriptというアルゴリズムを用いており、SHA-256に比べて、シリアル計算(シーケンス(連続)計算)を得意にしています。

比較(4):トランザクション承認スピード

私が思うに、これが唯一のビットコインとライトコインの大きな違いです。

ビットコインは、承認スピードが約10分というのに対し、ライトコインは、約2.5分という速さです。

これは、確かに、大きな違いです!!

また、この取引スピードは、SegWit(*1)の適用前に公表されていたスピードなので、SegWit適用後は、承認スピードが多少向上している可能性はあります。

(*1) SegWitとは:詳細について、右記リンク参照ください。(リンク

まとめ

上記の内容を理解しやすくするために、以下表の通りです。
また、上記までに記載していない項目でも、必要と考える箇所については、補足を入れておりますので、ご参照ください。

   ビットコイン ライトコイン
 発行上限 2,100万枚 8,400万枚
市場 一般ユーザ向け決済  一般ユーザ向け決済
管理方法 分散管理 分散管理
マイニング方法  PoW PoW
承認スピード 約10分 約2.5分
(SegWit適用前)

今までの説明でも数回述べてきましたが、ライトコインはビットコインの欠点(トランザクションの承認スピード)を改善するために、生成された仮想通貨です。

その強化を図るために、ライトコインはSegWitの導入をビットコインよりも先に取り入れました。

しかし、それに追従するように、ビットコインも2017年8月1日にSegWitの導入を図る予定としています。

これから分かるように、もしビットコインがSegWitを導入し、承認スピードがライトコインと同等となった場合は、ライトコインの存在価値は薄れてしまう可能性もあります。

従い、ライトコインは次の一手を適用しない限り、仮想通貨市場の先駆者となるのは厳しいでしょう。

最後まで購読ありがとうございました。

Sponsored Link

補足:今すぐ仮想通貨投資を始めたい方へ!!

まだ仮想通貨を保有されていない方は、ぜひ以下リンクから取引所のアカウントを作成することをお勧めします。
アカウント作りは無料ですから、ぜひそこから始めてはいかがでしょうか?

・仮想通貨のアカウント作成 → クリック

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加

コメントを残す