国内電力会社が仮想通貨を取り入れる!?関電がブロックチェーン導入!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

国内電力会社が仮想通貨を取り入れる!?関電がブロックチェーン導入!!

関西電力は2018年4月24日、

ブロックチェーンを活用した太陽光発電による余剰電力のピア・ツー・ピア(P2P)取引の実証実験を開始したことを発表しました。

このブロックチェーン技術は、取引プラットフォームに、オーストラリアを本拠とするパワーレジャー社と共同開発したシステムを利用しています。

現時点での電力供給システムは大規模集約型になっているのに対し、

今後自立分散型が増えていく状況であるため、関電は今回の実験によって

電力のP2P取引がどれくらいの効果が見られるのか検証するとしています。

Sponsored Link

関電がブロックチェーンを取り入れたらどうなる?

今回の発表の中で、関西電力は以下のように述べています。

「太陽光発電設備が設置されたプロシューマー宅(*1)で発生した余剰電力を、同実験センター内の複数電力消費者宅へ送電し、各住宅に設置したスマートメーターを通じて得られた電力量やそれに伴う料金について、パワーレッジャー社の電力P2P取引システムにより、プロシューマーと電力消費者の間で、仮想通貨を用いて模擬的に取引を行うものです。」

(*1)プロシューマー宅:いわゆる太陽光発電を行なっている家

 

現在パワーレッジャー社のP2Pプラットフォームにて、電力取引にはトークンが使われており、

関西電力でも同様に仮想通貨を活用していく方針と見られます。

また、ブロックチェーン技術を活用していくにあたって今後の展望を以下のように示しました。

「本実証研究を通じてブロックチェーン技術を用いた事業構築・運営などの知見を得るとともに、今後、一般家庭での検証など、より実践的な実証研究にも繋げながら、エネルギーを効率的に活用する社会の実現に貢献してまいります。」

Sponsored Link

さいごに

電力取引でのP2Pプラットフォームを形成することで、

関西電力独自のトークンが流通するようにすれば、手数料として収入やメリットが生まれ、安定的な収益にも結びつくことも考えられます。

日本国内では東京電力につぐシェアーを持つ関西電力であり、この影響力は東京電力にも及ぼす可能性もあります。

そうなると今後電力業界のトークンという事が流通する可能性がありますね。

関西電力にとってこういった先端技術を導入していくことで、今後、収益回復にも期待ができるでしょう。

従い、今後期待の通貨になる可能性があるのではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

また、ここでは話せない副業等での稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓
友だち追加

 

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース


暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

1 個のコメント