IOTA(仮想通貨)の価格の期待大??フォルクスワーゲンのCDOがIOTAの監査役に就任??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年後半から急速に価値を高騰させており、IoTに特化した通貨として知られているIOTAですが、

市場が鮮明であり、多くの企業との提携もあり、注目を集めています。

そんなIOTAについて、さらなる期待が持てそうなニュースがありましたので、紹介します。

Sponsored Link

IOTA(仮想通貨)の価格の期待大??
フォルクスワーゲンのCDOがIOTAの監査役に就任??

2018年1月22日にIOTAの監査役に

自動車メーカー大手のフォルクスワーゲンの最高デジタル責任者(CDO)のである

ヨハン・ユングビルト氏を監査役として迎えたと発表されました。(以下ツイッター参照)

ヨハン・ユングビルト氏は、今回の監査役就任によるコメントとして以下のとおり語っています。

IOTAはマシン間取引のスタンダードとなるポテンシャルがある素晴らしい技術であり、

自動車業界やテクノロジー企業、またその他の重要なプレーヤー達がIOTA基金に参加するのも頷ける。

Sponsored Link

IOTA(仮想通貨)への今後は??

IOTAはもともとIoTに特化した通過を目指しており、通貨の機能としてだけでなく情報の転送にも役立つプラットフォームを運営しています。

これは、IoTに接続された様々なデバイスから採取されたデータを、それを必要とするデバイス等と交換し活用を目指しています。

そのプラットフォームは、他の通貨の様にブロックチェーンではなく、「タングル」と呼ばれている仕組みを利用しています。

その技術に注目し、マイクロソフトや富士通、ドイツテレコム、ボッシュ、PwC等大手がプロジェクトに参画しています。

そこに、新たに大手自動車メーカーが参入した事で、利用される市場がさらに拡大する可能性が大きく、今後に非常に期待できるのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

やはり、今後仮想通貨のシェアーを拡大していくためには、他の通貨とは違う市場で勝負し、その市場を確保した上で、市場拡大を目指す事が必要であり、

そういう意味では、IOTAは他の通貨と重複しない市場で勝負しており、今後非常に期待できる通貨ではないでしょうか。

さらに、市場拡大のキーポイントとなる他者との業務提携も着実に進んでおり、今後に期待したいところです。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうごあいました。

注目

ちなみに、みなさん国内の取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)は取引手数料が高いという事は知っていますか?

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、安全な取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコイン(例:IOTA, ADA)と言われている通貨を購入する事がでいます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からアカウント作成と送金をトライしてみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

2 件のコメント