仮想通貨市場が暴落する可能性は??IMFのトップが仮想通貨への規制についてコメント!!

Sponsored Link

2018年飛躍の年として期待されている仮想通貨(正式:暗号通貨)ですが、

価格の変動が大きく今後どうなるのか、非常に興味が集まっています。

そんな中、IMFのトップが仮想通貨に対するコメントを発表していましたので、紹介します。

Sponsored Link

仮想通貨市場が暴落する可能性は??
IMFのトップが仮想通貨への規制についてコメント!!

IMF(国際通貨基金)のチーフであるChristin Lagarde氏は、2018年2月11日にCNNMoneyに対して、以下の通りコメントをしています。

仮想通貨への国際レベルでの規制というのは、今後必要不可欠になってくる。

この発言の裏には、多くの方が語っている、仮想通貨の本来の目的である国際送金のサポートという側面ではなく、

違法なオンライ取引に使用されているという面から今後規制が必要であると考えている様です。

Sponsored Link

仮想通貨市場への影響は??

今回の発言は、仮想通貨の違法取引が実施されている事に対する規制を強化すべきという事に対して、発言しており、

国際的な規制と適切な監視の必要性を強くChristin氏は語っています。

従い、監督者のいないビットコインへの風当たりは強くなる可能性がありますね。

加えて、この発言の影響を受けて、2018年3月のG20での各国のゴールの持っていきかたという事にも影響がある可能性があります。

例えば、国際的な違法取引にたいして、しっかりした監督責任を果たせる体制を持っている通貨に対しては、規制が緩和され、

そうでない通貨に対する規制は強化される等、色々な回答議論が出てくるのではないでしょうか。

従い、2018年のG20の議論の行方はしっかり見ていく必要がありますね。

Sponsored Link

さいごに

仮想通貨(正式:暗号通貨)というメールの様に、通貨のやりとりをできる様な便利なツールが出てくれば、

光と陰と言う部分が出てくるのは、仕方がないです。

インターネットの世界も便利な一面、闇サイトや犯罪につながる利用方法が多数あるため、同様のことです。

従い、その管理やセキュリティをどの様に担保していくのかというのが、今後各通貨には問われていく可能性があります。

今後は、その通貨の目的(市場)と管理体制をしっかり見極めていく必要がありますね。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

注目

ちなみに、みなさん国内の取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)は取引手数料が高いという事は知っていますか?

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、安全な取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、bitFlyerでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ bitFlyer作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼