ICO(仮想通貨)で2018年注目は??TraDove(BBcoin)は企業従業員も注目する!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2018年は、アルトコインと、ICO案件を見極めていき、

仮想通貨の飛躍の年になるのではないかと個人的に考えています。

そんな中、注目のICOがありましたので、紹介します。

※ 投資はあくまでも、自己責任となりますので、余剰のあるお金で投資してください。

ICO(仮想通貨)で2018年注目は??
TraDoveは企業が注目する!!

ここで紹介するICO案件は、TraDoveという通貨です。

TraDoveは2018年2月現在、取引所上場前の通貨で、個人的に今後需要があるのではないかと予想している通貨です。

TraDoveの仕様は??

TraDoveの基本的な仕様は以下の通りです。

通貨名: BBcoin
公開日: 2018年
プラットフォーム: イーサリアム
最大発行数: 10億枚

TraDoveの狙う市場は??

TraDoveの狙う市場は、ずばりビジネス市場です。

現在SNSが発達している昨今、FacebookやLINE,メッセンジャーを活用することで、世界中の方々と連絡を取ることがでいます。

しかし、それはビジネスシーンにおいては、そこまで発達しているわけではありません。

従い、同じ町、ご近所さんでも、どのようなスキルを持っており、どのような仕事をしているか、分からないと言ったことが、普通です。

しかし、食べログやAmazonなどでは、口コミという評価で、その店舗に対しての評価を見ることが出来きており、

各個人のビジネスマンに対しては、その様な状況までは至っていないと言うのが現状です。

今回のTraDoveが狙う市場とは、そのビジネスシーン(個人事業主や中小企業)に対して、

各事業主が、どの様な製品を持っており、ビジネススキルがあり、評価を受けているかと言う事を共有できるプラットフォームを構築することが、TraDoveの狙う市場です。

そして、現在欠けているビジネスの品質の透明化を行なっていこうとしています。

Sponsored Link

Facebookやその他のSNSではダメなのか??

FacebookやLINEの市場は、主にプライベートであり、ビジネスシーンでいえば、Consumer(消費者)同士のつながりに当たります。

従い、TraDoveとFacebookの市場は少し異なります。

そして、LinkedIn(リンクトイン)と言うアメリカ発のビジネス特化型SNSがあるのですが、

こちらは、ビジネスパートナーや営業先の顧客、専門家などとコンタクトを取るために、

アメリカでは利用されており、アメリカでの利用者は多い様です。

しかし、LinkedInはユーザー認証をしていないと言う点から、情報詐称をすることも可能ですし、

個人情報が多く、製品やサービスの情報という点では少し難があります。

従い、以下の点からTraDoveは、市場を拡大させようとしています。

  1. BtoB(Business to Business)の世界で問題となっていた、評価の透明性という箇所が保たれていないという点。
  2. 売り手が買い手を見つける事を待っていたのを、潜在的な買い手の需要を見つけるプラットフォームを目指す。

上記2つの点からも、他のSNSで出来なかった事をTraDoveでは対応しようとしています。

Sponsored Link

TraDoveへは多くの企業従業員も注目している

TraDoveは、他のICOがコンセプトを公開して、資金を募っているのに対し、

すでに以下2つを5年間稼働しています。従い、すでに実績があります。

  1. Webプラットフォーム
    https://www.tradove.com
  2. iOSモバイルアプリ
    https://app.tradove.com/app/download

加えて、既に80カ国以上で100,000社以上(250,000以上のユーザー)が登録しています。

登録している企業の従業員は、以下の通りであり、日本企業の従業員も多く登録している事がわかりますね。

また、ICO評価のサイトでも、高評価をもらっており、信頼性は高いと思います。(評価は5点満点)

TraDoveの体制は??

TraDoveはビジネス用のプラットフォームを構築しようとしているため、AmazonやLinkdIn, Facebook, IBM, Alibabaといった優秀なメンバーで構成されています。

加えて、アドバイザーにもアメリカNo.1の金融グループであるバンク・オブ・アメリカの元会長兼CEOであるリチャード・オーゼンバーグ氏を迎えるなど、体制面でも非常にビックネームが揃っていますね。


Sponsored Link

さいごに

第四次産業革命に突入しようとしている今、

BtoBのやりとりもですが、CtoCのやりとりも増えてくるのではないでしょうか。

その良い例が、メリカリやYouruberという存在です。

企業は、AIを導入する事により、多くの従業員を削減しようとしており、今後自身のスキルを磨く必要があり、

自分をアピールする必要がある時代に突入していきそうです。

その様な時代のトレンドにあったプラットフォームを構築しようとしているTraDoveは、今後非常に興味深いのではないかと感じました。

もし、興味があれば、ぜひ投資を検討してみては如何でしょうか。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

⚠注目⚠

ちなみに、みなさん各取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)で取引手数料が違うという事は知っていますか?

せっかく投資する手数料を無駄に捨てていてはもったいないです。

国内であれば、Zaifという取引所が格別に安いですし、金融庁からの認可も受けています!!

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Zaif:    -0.01%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、安全な取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、bitFlyerでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ Zaif 作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

5 件のコメント