ICO案件Heroはどの様な通貨なのか?ホワイトペーパー概略を説明!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

2018年は仮想通貨の飛躍の年と言われていますが、ICO案件で一攫千金を狙う方も多い様です。

そんな中、注目されている通貨であるHeroというのがありますので、簡単にホワイトペーパーから紹介します。

Heroの仕様は??

HEROの通貨としての概要については、以下の通りです。

総発行枚数: 2,000,000,000枚
ICOでの募集枚数: 600,000,000枚
ブロックチェーン: イーサリアムベース
トークン: HRT
※スマートコントラクト有

Heroの運営団体は??

Hero キャピタル・マーケット・プラットフォームは、非営利団体(NPS法人)になります。

この団体は、ミッションとして、金融の透明性、包括性、効果の促進することをミッションとしており、

そのために、スイスを中心に活動を進める様です。

ちなみに、スイスは、国を推して仮想通貨をバックアップしているため、Heroとしても非常に最適な環境であるのではないでしょうか。

Sponsored Link

ICO Heroの市場とは??

Heroの市場は、東南アジアを市場としています。

東南アジアは、現在世界でも急速に成長している地域として注目されており、

2.6億人(6億人中)のインターネットユーザというのは、地域別にみると世界第4位の市場です。

加えて、この市場は、2020年までに4.8億人規模まで上昇すると考えられています。

東南アジアは、若い方(40歳以下)が多く、全体の70%を占めており、経済成長を遂げるためには、この若い世代が少ない場合、

成長自体求めてしまうと考えられています。

ちなみに、中国は現在57%が40歳以下であり、中国よりも今後は東南アジアの成長の方が期待できると考えられています。

Heroという新規仮想通貨は、この東南アジアのインターネットユーザを対象にしたサービスを検討しています。

ちなみに、Google調べによると2025年までにこの東南アジアインターネット経済は、

2,000億ドル(約22兆円)規模の市場に成長すると考えられています。

実際に、東南アジアの経済成長は、モバイル網の発達により、急速に成長しており、世界平均よりも10%程度高い成長率で成長しています。

また、東南アジアのモバイルネットワークのスピードも高速化しており、平均23.3Mbpsという速度に達しています。

このスピードは日本の、3G(14Mbps)より少し早く、4G(75Mbps)より遅いというスピードです。

ちなみに、東南アジアでのSNSは非常に浸透しており、世界標準が37%なのに対し、

東南アジアのフィリピンでは58%にも達しています。

従い、そのインターネットやSNSをメインとしたサービスを検討している仮想通貨というのが

Heroという通貨になります。

上記市場と似た様な市場をターゲットとしている「ノアコイン」という通貨もありますが、

少し市場が異なり、ノアコインは、フィリピンの海外労働者をターゲット(市場)としています。

興味がある方は是非、以下を参照ください。
※ただ、ネット上で悪い噂もありますので、慎重に!!

Sponsored Link

Heroの強みとは??

Heroのターゲットとしている市場は、上記に記載した通り、

2.6億人のインターネットユーザですが、

その市場を欲しいと考えている企業が既に、投資をしています。

それが何と以下2企業です。

・ Softbank(日本)
・ Alibaba(中国)

この2社の名前はHeroのホワイトペーパー内にも記載されているので、噂ではなく、事実です。

Sponsored Link

さいごに

Heroという通貨のターゲットは、ICOの評価を行なっているサイトでも

5点満点中3.4点とまずまずの点数でした。

加えて、2018年3月9日には、

QRYPTOSという海外取引所に上場予定であり、

注目されている理由が伺えます。

ICO案件は、なかなか難しい部分もありますが、余裕のある資金で購入されても良いかもしれませんね。

もし、興味のある方は以下URLから購入してみてはいかがでしょうか?
ちなみに、2月28日までですので、お早めにどうぞ!!

↓↓↓Hero 登録先↓↓↓
● Hero登録先

⚠️注意⚠️
Heroの送金は、取引所 (例 Zaif等)から送金しないでください!!
Heroのサイトに英語で取引所から送金した場合、反映されないと記載されています。
ETHから送金する場合は、MyEtherWalletをお勧めします!!

注目

ちなみに、みなさん国内の取引所(例:Coincheck,bigFlyer 等)は取引手数料が高いという事は知っていますか?

Coincheck: 0.5~0.7%
bittrx:     0.25%
Polonix:   0.15~0.25%
Binance:     0.1%

現在、よく私が使用しているBinance(バイナンス)は、非常に手数料もお得であり、安全な取引所ですので、ぜひこちらから購入してはどうでしょうか?

また、バイナンスは、日本の取引所では買えない、第2のビットコインと言われている通貨(例:ADAコイン, IOTA)を購入する事ができます!!

確かに、バイナンスは英語のサイトであるため、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、

英語という理由だけでチャンスを逃して良いのですか?

英語のハードルは、 LINEの友達追加 していただければ私もサポートしますので、

ぜひ皆さんで億り人を目指しましょう!!

まずは、以下からBINANCEの画像をクリックし、アカウント作成と送金をトライしてみてください!!

また、国内の取引所の併用も必要ですので、その場合は、bitFlyerでアカウントを作成してみてください!!

↓↓↓ Binance作成(クリック)

↓↓↓ bitFlyer作成(クリック)↓↓↓

↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

22 件のコメント