ゴールドマンサックスがイーサリアムを予想!!イーサリアムが高騰か??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年の10月に入り、公の場で、仮想通貨にコメントをする大物が多くなっています。

例えば、国際通貨基金のクリスティーヌ・ラガルド氏による、仮想通貨(正式:暗号通貨)に対する肯定的な発言です。(リンク

また、ロシアの副首相による国際科学技術フォーラム2017での仮想通貨は無視できる存在ではない!という発言です。(リンク

まさに、仮想通貨(正式:暗号通貨)が世界を席巻している証拠ではないでしょうか?

そんな中、日経ニュースにも出ていたゴールドマンサックスのツイッターでのコメントに対して、紹介したいと思います。

Sponsored Link

ゴールドマンサックスのCEOまでもが仮想通貨について言及

ゴールドマンサックスのCEOであるLloyd Blankfein氏は、2017年10月4日に仮想通貨について、ツイッター上でコメントをしていました。

ビットコインについて、まだ考えている。しかし、結論は出ない。

金(ゴールド)が法定通貨(例:円、ドル)に変わった時、消費者は、その法定通貨に対して、とても疑いを持っていました。

そして、現在仮想通貨の代表であるビットコインは、2017年に、ちょうどその当時の法定通貨と似たような立場である。

やはり、世界中の投資家が仮想通貨の可能性について、非常に期待している事がわかるのではないでしょうか?

Sponsored Link

JP MorganのCEOと真逆の発言はなぜ?

JP MorganのCEOであるJamie Dimon氏は、同業種の人物であるが、ゴールドマンサックスのCEOと真逆の発言をしています。(リンク

これには、以下のコメントがLloyd Blankfein氏の仮想通貨(正式:暗号通貨)に対する見解を表しているかと思います。

Still thinking about Bitcoin. Understand Ethereum.

これは、行間を全て日本語に訳すると、

ビットコインに関しては、可能性についてまだ見極める必要がある。

しかし、イーサリアムに関しては、私は可能性を把握した。

という事でしょう。

要は、ビットコインというよりもイーサリアムという仮想通貨(正式:暗号通貨)に関して、可能性を強く感じているという表れかと思います。

その後、ゴールドマンサックスは、金融商品として株や先物取引同様に、ビットコイン取引を扱うことを発表しています。

これは、本当に大きな動きですね!!

Sponsored Link

さいごに

今回のゴールドマンサックスのCEOであるJamie Dimon氏の行間を含んだ発言が、どの程度まで影響を及ぼすか、今後非常に楽しみかと思います。

また、実際にゴールドマンサックスが資産運用の商品の1つとして、ビットコインを扱った場合、世界中の富裕層から資金が流入するでしょう。

以下図は、2016年にゴールドマンサックスが運用している資産です。これを見ていただければわかる通り、桁違いの市場です。


転用元:https://www.gsam.com/japan/gsitm/company/assets.html

以上より、今回の発言力がどの程度の影響力かが分かる、非常に楽しみなニュースかと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link

コメントを残す