仮想通貨の暴落原因は?今後もある?G20が揃って規制する?

Sponsored Link

2018年は仮想通貨(正式:暗号通貨)の飛躍の年になるかもしれないと考えられていますが、

それに水を差す可能性のあるニュースがありましたので、紹介します。

2018年3月19日〜20日のニュースは要注意、要チェックですね。

Sponsored Link

仮想通貨の暴落原因は?今後もある?
G20が揃って規制する?

ロイター通信によると、フランスとドイツは、

2018年3月にアルゼンチンで開催予定の20ヵ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総会会議で、

仮想通貨の国際的な規制を呼びかける方針をロイター通信で報じられていました。

フランスのルメール経済・財務相は2018年1月18日、以下の通り語り、フランスとドイツ両国がパリでの共同記者会見で発表しています。

ビットコインのリスクの分析や規制について、ドイツと共にG20参加国に提案したい。

Sponsored Link

G20会合による規制の影響は?

もし、G20会合の中でビットコインを含む仮想通貨を規制すべきであるという見解になった場合、その影響度は間違いなく大きいでしょう。

G20とは、以下の国で構成されており、これらの国の多くが、仮想通貨市場を引っ張っている事は紛れも無い事実です。

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、EU、ロシア、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチン

各国で、規制の仕方は異なりますが、

もしG20で統一した厳しい規制となった場合の影響度は、かなり大きいでしょう。

ただ、日本の規制レベル程度の寛容的な規制をG20として共有した場合は、その逆に高騰する可能性も高いでしょう。

従い、2018年3月19~20日に開催されるG20は第注目ですね。

Sponsored Link

さいごに

やはり、仮想通貨市場は、現在規制のニュースに非常に敏感になっており、このような規制のニュースが出ると、市場価値として下落しています。

今回のニュースもフランスのルメール経済・財務相の発言の影響力は大きかったようですが、G20での各国の発言は、市場へ与える影響度はかなり大きいと考えられます。

本来は、通貨としての新しい技術が世にでる事を社会として受け入れてほしいところであり、日本の金融担当大臣である麻生氏がメディアに対してした発言(リンク)と同様の発言を日本からG20の各国に対しても期待したいところです。

従い、2018年3月19日〜20日は、注目になると考えられます。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

注目

ちなみに、もう遅いし、よく分からないから仮想通貨(正式:暗号通貨)投資をやめておこうという読者の方がいましたら、

ちょっと待ってください!!

本当に良いのですか??

2018年はリップル(XRP)の年になるかもしれません!!

すでに、世界の有名アナリストの予想を超えるスピードで高騰しています!!

みなさんの周りを見渡してみてください。

投資している方はいますか?

少ないか、いないのではないでしょうか?

株の様にたくさんの資金を投資する必要はありません!

小遣い程度でも十分です!

もし、不安等があれば、LINEの友達追加していただければ、私の分かる範囲で、ご教示します。

おそらく、私は、みなさんに凄く近い立場であり、サラリーマンと副業でネットビジネスをやっています。

不安な気持ちも分かりますが、今のまま立ち止まっていても、未来は変わりません。

仮想通貨取引用のアカウントの作成は無料です。まずそこから始めてはいかがでしょうか?

以下リンクに、アカウントの作り方を載せています!!
ぜひ参照ください!!

↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

1 個のコメント