仮想通貨ニュース!ビットコインATM5000台リリース!!in ヨーロッパ

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

よー2017年、仮想通貨(正式:暗号通貨)が大流行しており、それは日本だけの話ではありません。ここでは、ヨーロッパでの流行情報について、紹介します。

ビットコインは発行枚数が2100万枚と上限が決まっているため、欲しい人がいればいるだけ、当たり前ですが、その価値は上がっていきます。

そのため、流通するには、インフラ整備が必須となってきます。
そのインフラ整備の一例としても、ぜひ以下記事を参照ください。

ビットコイン海外ニュース: BTM5000台導入!?

ビットコインのATM供給会社のBitlishは、BTM(Bitcoin ATM)をロシアにオープンしました。それはまさにビットコイン市場を拡大する可能性のある計画です。

ただ、実際のところヨーロッパ内でのBTMの拡大にも関わらず、利用面ではまだまだです。

決して安くない手数料と利用者の一般的な知識不足は、初心者と経験豊富なトレーダーのためにオンラインオプションが未だに、そのままの形で残ることを意味しています。

イギリスに本社を置くBitlishは、有名ブランド製の機器(ATM)をロシアで2番目の都市であるSt. Petersburgに設置し、とても驚かされました。

このBTMの配置場所結果は、現地パートナーにより決定された結果であり、現地パートナーは、モスクワよりもむしろそれらを利用する機会が増えました。

今年は、Bitlishからより見ることを計画しており、目玉として5000台のマシーンをヨーロッパ中に配置する計画である。

現在200機器以下がBitcoin ATM finderのCoinATMRader上の機能として登録されています。その多くがイギリスにあり、台数は68台です。

Sponsored Link

サンクトペテルブルグにATMを開設

Cointelegraphのインタビュー内でBitlishのMax Grain氏より詳細の計画と将来その店の中で想定している内容についてを回答がありました。

Cointelegraph(CT):
なぜロシア最初のATMをサンクトペテルブルグにしたのですか?

Max Gain(MG)氏:
我々は世界中に多くのATMパートナーがいます。そして我々は自身でATMを配置することはありません。ATMの開設場所は、パートナーに一任しています。現在のロシアのパートナーはサンクトペテルブルグにATMを開設した経験があったため、そこに配置したもので、それは彼らの決定事項です。

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!

友だち追加

次のターゲットは南ロシア!!

CT:
次もサンクトペテルブルグまたは別の場所にATMを配置する予定ですか?

MG氏:
もちろんです。現在我々はヨーロッパとロシアを通しパートナーネットワークを拡大する計画です。我々は300BTMsをCIS(Commonwealth of Independent State)内に構築しようとしており、5000BTMをヨーロッパに今年中に設置しようと計画しています。

そして来月には、南ロシアにもBTMを設置する予定です。

CT:ビットコインとアルトコインに関するロシアの法的環境について、確証はありますか?

MG:
ビジネスと人が合法的で容認できる形で取引できる立法枠組みを間もなくロシアが提供し、ロシアで現在起こっていたようなグレーな暗号通貨を取り除くべきであると考えている。 kioskは、この目標を達成するための第一歩だと考えています。

ヨーロッパがまず優先

CT:
規制当局はATMのオペレーションにどの程度影響を及ぼしていますか?

MG:
現在直接的に非常に影響があります。正確な制度を設立することは、kioskビジネスを発展させるべきでしょう。この分野は割とロシアでも発展しており、我々は現職者の給与支払いの様に、既存の要求を果たす様に、パートナーに対して、要求しました。

Sponsored Link

CT:
ロシアの外で提供するサービスの現在の計画はどういう状況ですか?

MG:
我々は、ロシアにだけ関心があるのではなく、アメリカやラテンアメリカにもパートナーを持っています。しかし、ヨーロッパはあまりパートナーがおらず、優先度が現在高い。そして、我々はATMでの注文も受け付ける予定であり、価格はとても競争力の高い価格(1ユニット 1.200ユーロ)に設定しています。

CT:
もしそうであれば、国の代表とお会いしたいですか?

MG:
もちろん!我々のkioskモデルのビジネスは、管理者パートナー上に頼っているので、コンクリートエリア内のビジネス発展のための国代表責任があります。

興味のある誰かがウェブ上で申請することができ、全ての戦略を我々はチェックできるでしょう。

補足:ビットコインの価値推移に関するニュース

ビットコインの価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!

友だち追加
Sponsored Link

原文

Bitcoin ATM provider Bitlish was the first to open a bonafide BTM in Russia, but it is its expansion plans that are likely to get the market talking.
Despite the growing presence of BTMs in Europe, usage is still limited.
Not inconsiderable fees, as well as a lack of general consumer understanding, mean that online options remain the go-to source for both novice and experienced traders to exchange crypto for fiat and vice versa.
UK-based Bitlish thus surprised when one of its branded machines opened in Russia’s second city St. Petersburg, closely followed by another. Both were a result of a decision by the company’s local partner, who gained an opportunity to open there rather than the capital Moscow.
“This year is set to see much more from Bitlish, with an eye-popping 5,000 machines planned Europe-wide in 2017 alone.”
Currently, fewer than 200 machines are listed as operational on Bitcoin ATM finder CoinATMRadar. The country with the most machines is the UK, with 68.

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック

St Petersburg opens Russia

In an interview with Cointelegraph, Bitlish’s Max Grain discussed more details about the plans and what the future has in store.
Cointelegraph (CT): What made you choose St. Petersburg as the first Russian location for a machine?
Max Gain (MG): We have several ATM partners across the world and we do not install ATMs by ourselves. It is up to our partners to decide what spot to be used. Our first partner in Russia had an opportunity to open up in this location in Saint-Petersburg, it was his sole decision.

South Russia next target

CT: Are you planning to add others in St. Petersburg and/or elsewhere?
MG: Yes, we plan to expand through our partner network across Russia and Europe. We look forward to connecting up to 300 BTMs in CIS (Commonwealth of Independent States) and 5,000 in Europe this year. We will also spread into the south of Russia in the coming months.
CT: Are you confident about the future legislative environment in Russia concerning Bitcoin and altcoins?
MG: We believe Russia should soon provide a legislative framework enabling business and people to trade in the legal, acceptable form, leading the cryptocurrencies out from the gray area as it used to happen in Russia. We consider the kiosk as a step forward to achieving this goal.

Europe is priority

CT: To what extent do regulatory shifts impact on ATM operations?
MG: There is a direct impact. Establishing a clear regulatory regime should boost kiosk business. This sector is quite a developed one in Russia, and we recommend our partners to fulfill the existing requirements as if cryptocurrencies were regulated as an incumbent pay system.
CT: Where are you currently planning to sell and provide services outside of Russia?
MG: We are not oriented to Russia only, and already have some partners in the United States and Latin America. But Europe is going to be our priority and we accept orders for ATMs with a very competitive price of €1,200 per unit.
CT: If so, are you looking for country representatives?
MG: Yes, as our business model in the kiosk area relies on authorized partners, we can probably have a country representative responsible for business development in the concrete region. Anyone interested can apply for that through our website. We will check out all initiatives.

・英語が上達したい方    → クリック
・不労所得に興味がある方  → クリック
・子供の教育に興味のある方 → クリック
・人工知能に興味のある方  → クリック
Sponsored Link

コメントを残す