仮想通貨の未来を予想!!EUが仮想通貨に関する報告書を発表!!

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

Sponsored Link

仮想通貨の未来を予想!!
EUが仮想通貨に関する報告書を発表!!

EUが作成した報告書によると、

EUは、仮想通貨とCBDC(Central Bank Digital Currency:法廷デジタル通貨)が

もたらす危険性と利益についての詳細な分析を行なったようです。

この報告書ではCBDCが機能するためには現行の準備預金制度を改善する必要があり、

それが成功した暁にはより、安定した金融システムが出来上がる可能性があると結論付けています。

しかし、同時に様々なリスクが伴うということにも報告書に記載されていました。

仮想通貨にはどのようなリスクがあるのか?

EUが作成した同報告書では仮想通貨市場におけるボラティリティの問題を提起しています。

この件に関連してオーストラリア準備銀行(RBA)の支払い政策の代表を務める

Tony Richards博士がコメントを残しており、

ビットコインはボラティリティを含めた様々な理由によってオーストラリアでは成功しないと主張しています。

要は、ボラティリティの問題が解消すれば、流通するという事です。

そのため、Tony氏はボラティリティの問題解消のために以下の通りコメントしています。

法定通貨-仮想通貨ペア取引量は徐々に増加しており、これによっては個々の仮想通貨の価値の連動が自然となくなっていくようになる可能性があります。

その結果、ビットコインのボラティリティが小さくなっていくだろう。

しかし、このボラティリティがあるという事が利益を拡大させる可能性がある投資において、良いという人も多いのは事実です。

通貨としてみた場合は、ボラティリティが小さい方が良いですが、

投資としてみた場合は、ボラティリティが大きい方が良いので、そのバランスが難しいですね。

Sponsored Link

仮想通貨にはどのようなメリットがあるのか?

まず、CBDCの導入により取引ペアが増加したり、

ユーザーが仮想通貨をホールドするのではなく使うようになる可能性がある事について、EUの報告書では認めており、

その点は1つの今後のメリットとなるでしょう。

他にも、ベネズエラの人々を支援するために使われている仮想通貨に関して以下2つの重要事項を提起しています。

  1. 仮想通貨が市民を救うために使われる
  2. 仮想通貨は日用品の購入などの簡単な支払いをするのに役立つ

❶として、例えばベネズエラは元来国内の基軸通貨が機能不全に悩まされており、その対策として仮想通貨を国として認めています。

❷として、電子マネーは財布が不要で、特に忙しいサラリーマンやOL等には、

今後簡単に決済できる仮想通貨は必須アイテムになってくるのではないかと期待されています。

そのため、ベネゼエラ政府は米国の制裁回避も兼ねて独自の仮想通貨「ペトロ」をローンチしました。

Sponsored Link

さいごに

EUの報告書では多くのホワイトペーパーは著しく情報が不足して

運営元の基本情報がないことに批判的な姿勢であり、

規制情報やICOに適用される法律が不足していることについても言及しています。

従い、今後ヨーロッパ当局に様々なタイプのICOに適用できる法律や規制の制定に関する要求を提案しているようです。

もし、この制定が発表された場合は、市場が大きく価値を落とす可能性が高いので、このようなニュースはモニタリングする必要がありますね。

また、基本的にEUの報告書では、CBDCの導入により中央銀行と個人間の取引を期待しており、

CBDCには肯定的な記載です。

ただ、やはりポイントとなるのは、本来の仮想通貨の目的である一般的に使用可能なインフラが整うかどうかです。

この点を進めていかない限り、投資対象から抜け出せないと考えます。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

また、副業や仮想通貨等での詳しい稼ぎ方について、LINE@等で流していますので、ぜひご参加ください。

↓↓↓無料勉強会&副業情報↓↓↓ 友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。

それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

 

Sponsored Link

3 件のコメント