イーサリアムを取引所で買うなら今がチャンス!?2020年までに大高騰か??

2017年12月現在、仮想通貨(正式:暗号通貨)市場において、市場第2位のイーサリアムですが、

一気に高騰を見せ7万円/ETHが目の前まで来ました。

そのイーサリアムの高騰の理由について、最新の英文記事で記載されていましたので、ここで紹介します。

Sponsored Link

イーサリアムを取引所で買うなら今!?
UBSがイーサリアムベースのブロックチェーン採用を発表!!

スイスのチューリッヒに本拠地を置き、世界の主要な金融センターを含む50カ国以上で質の高い金融サービスを提供する世界最大級の金融グループであるUBS社が

イーサリアムベースのブロックチェーンを以下の有名金融企業とともに構築する事を発表しました。

  • Barclay’s
  • Credit Suisse
  • KBC
  • スイス証券取引所
  • Thomson Reuters

このUBS率いる企業により、

2018年に新しく制定されるEU貿易データ標準に準拠する様に構築の予定の様です。

これにより、イーサリアムは、2018年EU貿易において、標準的に利用される可能性が高まってきましたね。

Sponsored Link

イーサリアムへの影響は??

このUBSからのニュースの影響で、以下チャートの通り、イーサリアムは一気に高騰を見せ、

直近一ヶ月の間に100.35%も価値を高騰させました。

やはりEU貿易におけるデータ標準に準拠するというのは、かなり大きく現在どの様な産業分野においても、標準に準拠しない限り、どんなに素晴らしいシステムであっても利用でいません。

その世界トレンドをいち早く察知し、適用するあたりが、素晴らしいところかと思います。

Sponsored Link

さいごに

今回のニュースのポイントとしては、以下2点かと思います。

  1. EUに加盟していないスイスの金融企業がEUの貿易標準に準拠するプラットフォームの構築をしている点。
  2. インターネットの普及する鍵となった、TCPIPというプロトコル(約束事)の様に、イーサリアムのプロトコルを使用する事で、プラットフォームの構築ができる点。

❶については、やはり金融大国であるスイスが、リーダシップを発揮し、多くの金融企業が賛同し、大プロジェクトをまとめ、着実にプロジェクトが遂行される可能性が高いでしょう。

また、EUの貿易標準に準拠するという点はかなり大きく、この標準に準拠するシステムが少なければ、イーサリアムベースのプラットフォームが一気に市場を独占する可能性も高くなります。

❷については、インターネットの普及には、TCPIPという標準的なプロトコルが存在し、多くの企業で独自プロトコルを作成する際にもTCPIPベースのプロトコルを組んでいます。

 

その様に、イーサリアムベースのプロトコルでプラットフォームを作成し、さらにはEU貿易の標準にも準拠させる事ができれば、

イーサリアムの汎用性の高さのアピールにもつながるでしょう。

 

従い、今回のニュースで一気に高騰を見せたイーサリアムですが、この様な類似のプロジェクトが立ち上がれば、どんどん高騰する可能性が高いのではないでしょうか。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

Sponsored Link

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

1 個のコメント