イーサリアム暴落の理由は??スケーラビリティ問題か??

Sponsored Link

⚠注目⚠

現在、第四次産業革命真っ只中です。

その影響により、

仕事のあり方も大きく変革しています☝

そして、新しい稼ぎ方の仮想通貨により

時代が大きく変わりそうです。

もし、「副業」 「仕事のあり方」 「仮想通貨₿」について、

お悩みの方は、LINEの友だち追加の上気軽に相談ください!

↓↓↓無料勉強会&無料記事配信中↓↓↓ 友だち追加

2017年8月1日に実施されるビットコインのスケーラビリティ問題対策であるSegWit(*1)の導入により、ビットコインが分裂する可能性や、トランザクション(取引)が適切に行われない可能性を示唆し、リスク分散(ポートフォリオ)のために、ビットコイン以外の仮想通貨(正式:暗号通貨)に投資を回避された方も多いのではないでしょうか?

(*1)SegWitの詳細については、右記リンクを参照【リンク

それに伴い、一時的ではありますが、イーサリアム(*2)の価値も4万円/ETH以上に達しましたが、その後暴落するという事態に陥りました。

おそらく読書のみなさんも不安を覚えた方も多いと思いますので、その事について解説したいと思います。

(*2)イーサリアムの詳細については、右記リンクを参照【リンク

イーサリアムに何が起こったのか??

2017年7月現在、総資産が、第2位のイーサリアムですが、2017年6月中旬以降に、その価値が30%以上も下落しました。

詳細は、以下図を参照ください。

その理由を把握するためには、少し細かい知識も必要なため、分けて以下の通り説明します。

Sponsored Link
・仮想通貨に興味がある方  → クリック

ICOによるトランザクション数(取引数)の増加

仮想通貨(正式:暗号通貨)を購入する場合、ICO(Initial Coin Offering)という期間があります。

これは、元々株式のIPO(Initial Public Offering)という単語が語源となっています。

これは仮想通貨が、市場に公開される前に、仮想通貨開発者等が、その仮想通貨の魅力を、投資家に説明し、資金を流入させる必要があります。

そして、その仮想通貨(正式:暗号通貨)を保有している機関が、市場に公開される前の仮想通貨(正式:暗号通貨)を投資家に販売するというフロー(流れ)があります。

この一連のフローを総称して、ICOと呼びます。

ここで理解していただきたいのは、アンテナの高い投資家たちは、このICOに敏感になっています。

従い、通常のトランザクション(取引)よりもこの時期に流れ込む資金は短期間で、さらに大量に流入してくるケースが多いという事です。

Sponsored Link
・仮想通貨に興味がある方  → クリック

イーサリアムのブロックチェーンを他の仮想通貨も使用

イーサリアムのブロックチェーンから派生し、生成された仮想通貨が現在多数席巻しています。

例えば、以下のような仮想通貨(正式:暗号通貨)です。

(1) MobileGO(58億円以上を調達)5/25
(2) Mysterium(45分で16.5億円を調達)5/31
(3) ZrCoin(700万ドル≒7.8億円を調達)6/9
(4) aeternity(27億円を調達)6/11
(5) Monaco(20億円以上を調達)6/14
(6) SONM(4,200万ドル≒47億円を調達)6/18
(7) Status(3時間で120億円を調達!!)6/21

 

・仮想通貨に興味がある方  → クリック

例えば、上記で代表的な仮想通貨としてMobileGoがありますが、このトークン(ICO時期に発行される仮想通貨)の発行は、イーサリアムのブロックチェーンを使用して、発行されます。

従い、上記7つの仮想通貨(正式:暗号通貨)に資金が流入すれば、それだけイーサリアムのブロックチェーンが圧迫されるということを意味しています。

イーサリアムの利点の1つとして、ビットコインが毎秒4~6件のトランザクション承認させるのに対し、

イーサリアムは毎秒15件程度処理が可能と言われています。ビットコインよりは、能力は高いですが、7つのICOが重複し、承認処理が、一時的にパンクしてしまったようです。

いわゆるビットコイン同様のスケーラビリティ問題(*3)が発生したということです。

(*3)スケーラビリティ問題については、右記リンクを参照【リンク

Sponsored Link

今後イーサリアムのブロックチェーンはどうなる??

今回の問題発生後、イーサリアムの開発者の1人であるVitalik Butern氏もいろいろ検討はしているようですが、正式な提案はまだされていません。

ツイッター等で新しいイーサリアムという事も騒がれていますが、技術的改善の話までには至っていません。

さいごに

今回の問題でイーサリアムは大丈夫か??と考えられた方もいらっしゃるでしょうが、私の個人的な見解で言えば、イーサリアムに派生する仮想通貨(正式:暗号通貨)により、イーサリアムのトランザクションを圧迫したことが真因になります。

さらに、ICOが重複している事もその要因の1つです。

これにより、トランザクションが適切に実施されず、不安に覚えた一部の投資家が、他の投資商品にリスク回避したと考えます。

従い、特に根幹技術に大きな問題があるわけではないため、個人的見解では問題なく、価値は戻るのではないかと考えます。

ただ、これは私の個人的見解のため、皆さんも是非考えてみてください。

最後まで購読ありがとうございました。

・仮想通貨に興味がある方  → クリック

イーサリアムの価値推移に関するニュース

イーサリアムの価値が急騰したり、暴落したりすることが今までありました。
全てではありませんが、それなりに理由がありましたので、急騰したり、暴落していましたので、そのニュースについて、是非ご一読ください。

補足:商品紹介

仮想通貨が今後流通すれば、やはりセキュリティ問題は避けては通れません。
これは、ネットワークに繋がっている以上攻撃を受ける可能性があるわけです。

特に取引所に仮想通貨を置いていると、ハッカーからの攻撃を受ける可能性が高いです。
もちろん、ウォレットアプリを使うことで、攻撃の可能性は低くなりますが、ネットワークに繋がっている
ソフトウォレット(アプリ)では、限界もあります。

そこで、ハードウォレットというオフラインで使用可能な商品がありますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか??

↓↓↓↓↓↓Trezor↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓Ledger↓↓↓↓↓↓↓↓

今無料で、ビットコインの勉強会を実施しています。もし、よろしければ、以下からLINEの友達申請をし、一緒に勉強しませんか?興味のある方!!
不労所得とは何??と思う方はぜひ!!!
友だち追加
Sponsored Link

コメントを残す