イーサリアムの今後の動きに影響か??NASAとETHがコラボ??

Sponsored Link

⚠注目⚠

友だち登録者の中から

仮想通貨プレゼントキャンペーン中

↓↓↓副業情報&最新ニュース配信中↓↓↓ 友だち追加

2018年1月現在、仮想通貨(正式:暗号通貨)市場において、市場第2位の通貨であるイーサリアムですが、

ビジネスシーンで活用されることが多い仮想通貨として有名です。

そのビジネスシーンにおいて、新たな利用方法に関する情報が発信されていましたので、紹介します。

Sponsored Link

イーサリアムの今後の動きに影響か??
NASAとETHがコラボ??

NASAはAkron大学に対して、柔軟なネットワークとコンピュータのパラダイム(革命的な変化)を研究するために、

3年間に330,000ドルを助成金として提供しました。

その結果、Akron大学から提供された提案は、

イーサリアムのブロックチェーンとAI(人工知能)による機械学習、フィジー理論に頼ったシステムに関する研究でした。

この研究の目標は、

NASAが所有する車両を宇宙空間での衝突から守るための研究です。

これは、事前に環境の脅威を認識し、回避するための技術の研究のようですね。

このシステムを構築するためには、大容量のデータを効率よく処理する必要があり、そのために、イーサリアムのブロックチェーンを利用することを検討しているようです。

Sponsored Link

NASAがイーサリアムを活用する影響度は??

もしNASAがイーサリアムのブロックチェーンを活用した場合、その影響度はかなり大きいでしょう。

特に、その影響度を書く必要もないくらいです。

さらに、イーサリアムのブロックチェーンを活用する研究テーマですが、

NASAの車両が障害物に当たらない様にするためのシステムの構築ということは、

我々の身近な自動車の自動運転や、多くの衝突事故に対して適用出来る可能性を持っている研究テーマです。

従い、イーサリアムのさらなる拡大が期待できるのではないでしょうか。

Sponsored Link

さいごに

NASAがイーサリアムを活用するというビックニュースは非常に期待が持てるニュースであり、

仮想通貨(正式:暗号通貨)という市場だけでなく、さらに広がりを見せる可能性が高く、

多くの可能性を期待させるニュースではないでしょうか。

このニュースにより、イーサリアムの幅が非常に広がりを見せ、今後に非常に期待できると感じました。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

注目

ちなみに、もう遅いし、よく分からないから仮想通貨(正式:暗号通貨)投資をやめておこうという読者の方がいましたら、

ちょっと待ってください!!

本当に良いのですか??

2018年はリップル(XRP)の年になるかもしれません!!

すでに、世界の有名アナリストの予想を超えるスピードで高騰しています!!

みなさんの周りを見渡してみてください。

投資している方はいますか?

少ないか、いないのではないでしょうか?

株の様にたくさんの資金を投資する必要はありません!

小遣い程度でも十分です!

もし、不安等があれば、LINEの友達追加していただければ、私の分かる範囲で、ご教示します。

おそらく、私は、みなさんに凄く近い立場であり、サラリーマンと副業でネットビジネスをやっています。

不安な気持ちも分かりますが、今のまま立ち止まっていても、未来は変わりません。

仮想通貨取引用のアカウントの作成は無料です。まずそこから始めてはいかがでしょうか?

以下リンクに、アカウントの作り方を載せています!!
ぜひ参照ください!!

↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓

↓↓↓無料勉強会 & 記事無料配信中↓↓↓
友だち追加

補足:暗号通貨の価値推移に関するニュース

暗号通貨の価値が急騰したり、暴落したりすることがあります。それなりの理由があり、急騰したり、暴落していることがありますので、ぜひ以下をご一読ください。

 

▼応援して頂ける方はクリック願います▼

Sponsored Link